Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

引越のお知らせ

思いつきでブログを引っ越しました。

 

smeagol19.hateblo.jp

BOSS GT-1 & ZOOM G3n

超久々に錦糸町島村楽器店に行きました。1年ぶりくらい?

 

馴染みの店員さんが店長に昇格していたり、同じフロアにあった本屋が消えていたり、島村楽器自体ビル側の都合で10月末?に移転予定になっているなど、いろいろ変わっていました。ギターは7弦の品揃えが豊富になっていて、万年筆なんかに金使うんじゃなかったと・・・少し思いました。・・・少しじゃないかも。

f:id:smeagol14:20170506112848j:plain

 

E-II ARROW-7 BABYMETALがすご~く欲しいです。シェクターテレキャスシェイプやジャガーの7弦も魅力的でした。ただ、Arrow-7はでかいのでMINI ARROWが・・・って、オークションだとけっこう高いですね。(・_・;)

 

上に書いたように、馴染みの店員さんが店長に昇格していたので、記念?にBOSSのGT-1とZOOMのG3nを買いました。元々G3nを買う予定だったのが、GT-1の方が音がいいと言われ、それなら比較してやろうじゃないかと。

 

箱はBOSSの方がでかいです。

f:id:smeagol14:20170502072510j:plain

 

中身。ZOOMの方が大きめです。

f:id:smeagol14:20170502072855j:plain

 

GT-1は本体のみでACアダプターやUSBケーブルは別売りです。USBケーブルはプリンターなどで使うABタイプを買いましょう。

 

G3nはやたらコンパクトになったアダプターがついていて、USBケーブルは別売り。こちらはスマホなどで使うmicroBが使えます。

 

まずはGT-1を試奏してみました。ギターはゼマイティスを使いました。

f:id:smeagol14:20170505120254j:plain

 

ファームウェアは最新のものが既に当たっていてアップデートする必要はなしでした。ZOOMと同じくアーティストが作ったライブセットというパッチをダウンロードすることができます。

 

bosstonecentral.com

 

GT-1用はこちら。

GT-1のライブセット一覧 | BOSS TONE CENTRAL

 

ライブセットはGT-1をPCにつないだ状態でPCでBOSS TONE STUDIOを起動、あとは好きなものを選んでダウンロードしてGT-1のユーザーパッチに上書きすれば使えます。PC側でパッチを選ぶとGT-1側でもそのパッチが選ばれたりと、使い勝手は非常に良いです。セッティングもTONE STUDIOを使えば簡単にできます。

 

一通り試した中では、GuitarInstructor.comのパッチが非常に良かったです。


[BOSS TONE CENTRAL] ME-25 GuitarInstructor.com

 

Rock Classicsのパッチもなかなかいけてます。

bosstonecentral.com

 

bosstonecentral.com

 

bosstonecentral.com

 

値段が値段なので特に歪み系は高いペダルと比較はできませんが、ハイゲイン系の音を求めないのであればライブでも使えるかなと。

 

しばらく、BT-1とG3nネタが続くと思われます。

 

ほなほな。

Logicool ロジクール M170 2.4GHz ワイヤレスマウス

Amazonで500円で売られていたので、2つ買ってみました。色はブラック、レッド、ブルーがあり、私はレッドとブルーを買いました。

 

※既に安売りは終わっているみたいです。

 

外見。値段が値段なのでプラスチックが全面的に使われています。

f:id:smeagol14:20170430145947j:plain

 

違う角度から。

f:id:smeagol14:20170430145959j:plain

 

ちょっとわかりづらいですけど、横には格子状のパターンが入ってます。すべり止め?

f:id:smeagol14:20170430150012j:plain

 

裏側。真ん中にあるのは電源ボタンです。

f:id:smeagol14:20170430150023j:plain

 

中には単3電池が1本とレシーバーが入ってます。

f:id:smeagol14:20170430150038j:plain

 

レシーバーは向きは関係なく収まります。

f:id:smeagol14:20170430150057j:plain

 

WindowsでもMacでも使えました。BluetoothだとたまにMacで使えなかったりするので、こちらの方が個人的には好みです。

 

使い勝手の良さ、レシーバーが中に収まること、単3電池1本で大丈夫なこと、廉価版でもさすがロジクールと言える出来です。

 

ほなほな。

BANDAI MILLENNIUM FALCON(1)

今月から職場が変わり、慌ただしく過ごしているうちに4月が終わりそうです。

 

新しい職場はなかなか快適で、出社も9時ではなくなって楽になりました。一番の違いはパワハラがないことですかね。前の職場は先月末で数十人辞めていきましたが、どうなることやら。合掌。

 

今回のネタはバンダイビークルコレクションのミレニアム・ファルコンです。スター・デストロイヤーと一緒に見かけて買ってしまいました。

f:id:smeagol14:20170429171702j:plain

 

万年筆の再塗装をする前に、エアブラシのリハビリ目的で作ってみます。ゴールデンウィークが終わる前に塗装を終わらせたいところです。

 

中身。ディティールの細かさ、組みやすさはさすがバンダイです。もう少し入手しやすければ文句なしなんですが・・・Yウィングとか。

f:id:smeagol14:20170429155206j:plain

 

このキットの難関?はシールが細かいこと。おっさん泣かせです。とりあえず今回はシールは使わずに塗装ですべて済ませる予定です。たぶんその方が楽なんじゃないかなと。

f:id:smeagol14:20170429171634j:plain

 

そしていきなり塗装前の状態に。組み立て方は説明書とは変えている部分があります。コクピット周りがそうです。

f:id:smeagol14:20170429171554j:plain

 

機銃とレーダー以外は組み立てちゃおうかとも思いましたが、バーニア部分が後ハメが厳しいことがわかり、このやり方にしました。

 

気を付けるべきなのはレーダー部分のパーティングラインが目立つことで、形状もやすりがかけづらいため、デザインナイフで丁寧に削っておきました。他は特には気を付けるべき部分はない・・・はず。

 

次は黒サフを吹いてから明るめのグレーで全体を塗って、濃いグレーとゴールド?のパネル、コクピット部分の黒、バーニア部分の蛍光ブルーを塗ってから組み立てて、スミ入れやら汚しやらをやるつもりです。

 

ほなほな。