読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

Schneider Base Uni Fountain Pen White

文房具

こないだ久しぶりに東急ハンズに行ってみたら、見慣れない万年筆が売られていたので買ってみました。お値段は2000円(税別)。

 

 家に帰ってAmazonで調べたらびっくりしました。9900円!?

 

もしかして得をしたのか?と慌てて海外のサイトを調べてみたら、値段は16ポンド。となると、ハンズの価格が正常なんですね。

 

Amazonは中国製のパーカーの偽物が堂々と売られていたり、だんだん胡散臭くなってきたような・・・ 買い物をする時は用心しないといけませんな。

 

 さて、万年筆の全景をば。

f:id:smeagol14:20170122135913j:plain

 

クリップの横にはロゴその他が。ハンズにはEFだけ売られていました。クリップのデザインは好き嫌いが分かれると思われます。

f:id:smeagol14:20170122135936j:plain

 

キャップを後ろに挿したところ。

f:id:smeagol14:20170122140017j:plain

 

胴軸部分。質感は前に買ったオンラインのアカデミーと似ています。

f:id:smeagol14:20170122135948j:plain

 

首軸とペン先。ペン先は値段相応にシンプルなデザインです。

f:id:smeagol14:20170122140043j:plain

 

個人的には、ペン先にあれこれ装飾が入っているのは好きではありません。

 

昔の万年筆より今の万年筆の方が柔らかさを感じない原因の一つに、装飾もあるんじゃないかな?と勝手に考えています。まぁ、派手派手なのが好きという価値観は否定しません。

 

首軸を後ろから見たところ。グリップの部分はなかなか不思議なデザインになっています。 

f:id:smeagol14:20170122140149j:plain

 

ペン先の裏はスリットなし。首軸と接する部分に空気穴が開いているのみとなっています。

f:id:smeagol14:20170122140125j:plain

 

中国製と違って、コンバーターはついていません。欧州規格なら何でも付きそうです。胴軸に首軸をはめるときは、センターラインが合う位置でカチッと止まって、ドイツ人の国民性が垣間見えた気がしました。

f:id:smeagol14:20170122140240j:plain

 

字幅の方は、国産のEFとFの中間くらいには細いです。ペリカンもこれくらい細ければ評価するんですけどね。いくら胴軸がきれいでも普段使えなきゃ意味がな(ry

 

肝心の書き味の方は・・・残念ながらいまいちです。何か引っかかるというか、書いていて気持ちよくありません。

 

ただ、この手の不満はペリカンでもビスコンティでもプラチナでもよくあることなのでまったく気にしません。今まで3桁買ってきて、新品で買って調整無しで不満なく使えているのはパイロットとアウロラだけです。

 

まぁ、このペンもペンクリニックに持っていけば滑らかな書き味になるでしょう。

 

さてさて、1/28~29は神戸に行きます。たぶん。仕事が落ち着けば。たぶん。

 

神戸のペンショーに行ったり、仲間に会ったり、そして、何よりもあれです。神戸牛とか明石焼きとか美味しいものを食べたいなと。(笑)

 

ほなほな。

helico シュクルにコンバーターをつける

文房具

helicoのシュクルにカヴェコのコンバーターをつけて使っていました。が、ピストンの部分を一番後ろまで引っ張ると胴軸がつけられなくなるという・・・

 

それなら、とTemplerからコンバーターを取り寄せてみました。

f:id:smeagol14:20170121143642j:plain

 

いっぱい買ったのは神戸のペンショーでhelico仲間に配りたかったからです。

 

結論から書くと・・・ほぼ合いませんでした。(笑) シュクルどころかカヴェコにも合わないものがあり、ギャンブル的な要素が高いコンバーターだとわかりました。作りも少々ちゃちなところがあって、全部分解してエポキシ接着剤などを使って外れてはいけない部分を接着し直しました。ピストンの部分も精度が一定でなく、Amazonで買える中国製の10本セットの方が質が良かったという。^^;

 

で、合うのをシュクルにつけてみました。

f:id:smeagol14:20170121154037j:plain

 

そのままではグラグラするのでコンバーター側を加工して、ぐらつかないようにしています。上の画像では400番のヤスリが写ってもあすけど、400番ではダメです。

 

胴軸をとりつけたところ。デザイン的にはしっくりきます。 

f:id:smeagol14:20170121154529j:plain

 

合わない理由はコンバーターを差す部分にあります。下の画像のようなペン芯管だけが出ているタイプなら問題ありません。

f:id:smeagol14:20170121183450j:plain

 

ペンハウスで売られているシュクルはペン先がシュミット製で、ペン芯管の周りにコンバーターやカートリッジを固定する筒状の突起があり、それが原因で合わないようです。筒状の突起を削れば問題なくつけられます・・・けど、ペン先引っこ抜くのは値段が値段だけに躊躇します。

 

神戸のペンショーではシュミットじゃないペン先のシュクルを手に入れる予定なので、手に入れ次第、また試してみます。

 

ほなほな。

レスポールのリフィニッシュ(3)

楽器リペア・改造

バタバタしている間にリフィニッシュを頼まれてからだいぶ時間が経ってしまいました。

 

このギターを鮎川誠さんのギターのように真っ黒にしてくれとの依頼です。

f:id:smeagol14:20151206213032j:plain

 

オーナーの話では塗装はしていないとのことでしたが、実際はニスのようなものが塗られており、傷も酷い状態でした。

 

再塗装のやり方としては

  1. ステインで着色してウレタンオイルで仕上げる
  2. ラッカーで塗る
  3. ポリウレタンで塗る

が考えられます。

 

ステインで着色する場合、ニスのようなものを完全に落として、ステインで着色可能なパテで傷を埋める必要があります。パテの部分がきれいに染められること、そもそも、木部が濃い黒で塗装できるかどうかが問題です。ステインだけでダメならウレタンオイルも着色できるものを使うか、油性ステインを使う必要があります。また、艶ありにするには工夫がいります。

 

ラッカーで塗る場合は傷の補修は何でもいいでしょう。一応、液体プラスチックなどを用意してあります。紫外線で硬化するタイプのものを手に入れていて、これがかなり便利です。もちろん、模型などで使うパテも使えます。難点は塗装の手間がかかることと、塗膜がやや弱いこと。仕上げに関しては問題なし。

 

ポリウレタンで塗る場合はラッカーと同様、塗料自体が身体に有害なことが難点で、塗膜はラッカーよりは強いです。昔のように塗料工場が借りられればまだ楽ですが・・・

 

とりあえず、万年筆についてきた木の箱を使っていろいろ試してみます。まずは1番の方法をプラチナ万年筆の風神雷神についてきた箱を生贄にします。

f:id:smeagol14:20170119115242j:plain

 

BRIWAXのウッドダイのブラックを塗ってみました。塗った直後はかなり良い感じですが・・・

f:id:smeagol14:20170119120402j:plain

 

乾燥するにつれ、薄くなります。

f:id:smeagol14:20170119121426j:plain

 

2回目

f:id:smeagol14:20170119134444j:plain

 

3回目

f:id:smeagol14:20170119150723j:plain

 

3回塗り重ねるとなかなか良い感じになりました。ちょっと予定を変更して、Xotic Oil Gelを塗り重ねて艶が出る仕上げを試してみます。合わせて、塗装剥がしの苦行(笑)も進めていきます。

 

仕事が落ち着いたら、模型作りやら万年筆のリフィニッシュも進めていきたいです。

 

ほなほな。

LIVE AT WEMBLEY / BABYMETAL

音楽

イギリス・ウェンブリーのThe SSE Arenaで行われた日本人初のワンマン公演のライブアルバムが発売されたので買ってみました。

 

f:id:smeagol14:20170111132600j:plain

 

BABYMETALはまぁ、賛否両論分かれていて、特にメタル好きな人の中には嫌っている人も少なくありません。私も最初は毛嫌いしていました。実際にライブの音源を聴いたりしてみると、けっこうテンポやアレンジが変わっていて聴き応えがあるんですよ。

 

当て振りバンドから神バンドに変わってからは、私は大好きです。昔のジャケットを見ると今とは売り方が違うことがわかります。(笑)

 

イジメ、ダメ、ゼッタイ(世直し盤) Su-metal Version

イジメ、ダメ、ゼッタイ(世直し盤) Su-metal Version

 

 

入っている曲目は以下の通り。DVDやBDに関心がある人のために対比しやすく描いてみます。

  1. BABYMETAL DEATH
  2. あわだまフィーバー
  3. いいね!(CDには未収録)
  4. ヤバッ!
  5. 紅月 -アカツキ-(CDには未収録)
  6. GJ!
  7. Catch me if you can(CDには未収録)
  8. ド・キ・ド・キ☆モーニング
  9. META!メタ太郎
  10. 4の歌(CDには未収録)
  11. Amore -蒼星-
  12. メギツネ
  13. KARATE
  14. イジメ、ダメ、ゼッタイ
  15. ギミチョコ!!
  16. THE ONE -English ver.-
  17. Road of Resistance

CDは4曲少ないです。削られた曲はどれも好きな曲なので残念無念。

 

全体的な印象は、東京ドーム公演を観たときとほぼほぼ同じかな。

 

音のバランスが変わった

BOHさんのベースの音がはっきり分かるのは非常に良いです。今まで、何を弾いているのかほとんどわからないのが不満だったのが、このアルバムでははっきりわかります。ベースやバスドラムの出音を抑えるのはメタルとしては普通でも、音楽としてはいまいちだと個人的には思っています。

 

BOHさんのプレイが堪能できるだけでもこのアルバムは買いでしょう。

 

ボーカルの出音が・・・

これも東京ドームで同じように感じたことなんですが、3人のボーカルの音量が抑えられているのか、若干弱く感じられます。SU-METALは異常に抜ける声をしているからまだ良いものの、YUIとMOAの声は弱く感じられました。

 

あと、紙のスリーブが接着剤がはみ出しているのか、取り出すのが大変でした。あきらめてカッターでスリーブを切ろうと思ったくらい。違いがないのなら初回限定盤はパスしてもいいかもしれません。

 

次は東京ドーム公演のDVDやBD、CDが発売されるのかな?と期待しています。次のアルバムも期待していますが、3人は学校に通っている時間があるのかどうか、おっさんは心配になります。

 

ほなほな。