Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

オーダースーツSADAに行ってきた

今の現場は今月で終わりになりました。毎月、10人以上辞めてまた人を大量に入れて~の繰り返しで、今月はなんと20人辞めるんだとか。(汗) 今まで行った現場の中で、ダントツで人の入れ替えが激しいです。

 

私がいたプロジェクトもこの半年あまりで正社員が2名辞めて1名は休職、派遣は13人も辞めて、そのうち5人はいきなり来なくなりました。原因はパワハラとマネージャーのスキル不足かなという印象。

 

幸い、次の現場はあっさり決まり、スーツ勤務と言われたので、スーツを久々に新調することにしました。

 

柏のケサラで知り合った方がオーダースーツの店で働いているよと音楽仲間に勧められて、さっそく本人とやりとり。

chesarakashiwa.web.fc2.com

 

柏で働いているような話を聞いていて、本人に聞いたらその後神田に移り、今は五反田にいるんだとか。というわけ?で、オーダースーツSADAの五反田ショールームに行ってきました。

 

www.ordersuit.info

 

ちなみに、今まで私は三陽やビッグヴィジョンでスーツやシャツをオーダーしてきてます。

 

今回のプランはスーツは1着でパンツは追加で1枚、Yシャツも2枚オーダーというものだいたい7~8万くらいかな?というのが私の予想。

 

生地はこんな感じで展示してあります。

f:id:smeagol14:20170325173939j:plain

 

シャツやネクタイなど。

f:id:smeagol14:20170325173907j:plain

 

オーダーの流れは

  1. 生地選び
  2. デザイン決め
  3. 採寸
  4. 既存品を使った細かい仕様決め
  5. オプション(ボタンとか)の決定

といった感じ。

 

今まで利用してきた他の店との違いは、スタッフのフォローが親切で押し付けがましくないこと。最近の流行り廃りもチェックしてますし、わからないことがあったり、おかしなオーダー(胸ポケットと袖口のデザインを違うものにするとか)をすると、優しくアドバイスをしてくれます。複数ある選択肢のそれぞれの意味もわかりやすく教えてくれるので、じっくり考えられました。

 

個人的に良いと思ったのは4番です。実際にスーツを着て、やりとりをしながら細かくデザインを決めていきます。足のラインをどう見せるかとか、実際に座ったり動いたりしたときの状態をチェックして、身体に合う仕様を決めていくのはオーダーしている感が堪能できて良かったです。

 

最期のオプションはスーツの裏地やボタンです。私はスタッフのアドバイスを受けて裏地は無料のもの、ボタンは水牛の角から作ったものにしました。

 

ボタンや裏地は自分で選んだ生地と並べて選べるのでイメージしやすいです。Yシャツも有償オプションを選択しました。

 

受取は1ヶ月後で、値段は全部で5万弱。・・・スーツって安い・・・というか、万年筆って高いなと思いました。(笑) ギターと万年筆の次はスーツ集めに走りそうです。

 

公式サイトにはシミュレーターがあって面白いです。

www.ordersuit.info

 

次の現場は余計なことで労力を使わずに済むといいなぁ。

 

ほなほな。

無線ルーターを買い替えてみた

親から動画を観ているときによく止まるからどうにかせい!と言われ、忠継大王を買っても効果がいまいちな気がしたため、WiFiルーターを新調することにしました。

 

我が家は光回線を引いていて、自宅の2階にルーターの親機を置き、そこにWindowsのデスクトップを2台、ファイルサーバーを1台、Mac miniPS4WiFiのアクセスポイントをつないでいます。

 

今まで使っていたWiFiのAPはこれ。親機と同じメーカーにしていました。

121ware.com

 

ちょっと話は逸れますが、TEPCOひかりだった頃は感動するくらい速かったんですよね~。それが今や・・・orz

 

今回、新しく買ったのはこれ。ELECOMのWRC-2533GHBK-Iという製品です。先日、大阪に行った帰りに上野のヨドバシカメラに行った際に店員さんに勧められました。

f:id:smeagol14:20170314094213j:plain

 

www2.elecom.co.jp

 

LANケーブルその他、一通り揃っています。ルーターとしてもアクセスポイントとしても使えます。

 

設置手順は下記の通り。

  1. 本体裏側のモードスイッチをAPに切り替える。
  2. ノートパソコンとルーターを有線でつなぐ。
  3. ノートパソコン側のIPアドレスを「192.168.2.xxx」に変更する。
    ※xxxのところは適当な数値に。
  4. ノートパソコン側で適当なWebブラウザを起動して「http://192.168.2.1」と入力して開く。
  5. 設定画面が開いたことを確認。
  6. 左側のメニューで「無線設定」「2.4GHz」「基本設定」と選択してSSID名」を変えたければ変える。
  7. 左側のメニューで「無線設定」「2.4GHz」「暗号化設定」と選択して暗号化の設定を行う。パスキーの変更は必須
  8. 5GHzの方も同様に設定する。
  9. 左側のメニューの「LAN設定」を選択して自宅のネットワークにつながるようIPアドレスサブネットマスクデフォルトゲートウェイを設定する。デフォルトゲートウェイルーターIPアドレスを入れる。
  10. 左側のメニューの「システム設定」「パスワード設定」と選択して、「新ユーザ名」を”admin”以外にして、パスワードも好きなものに変える。
  11. 設定を保存後、再起動させる。
  12. 親機となるルーターWiFiルーターを有線でつなげる。
  13. スマホなどでつながるかどうか確認する。

 

10でユーザー名をadmin以外にするのは、昔からよくやる手です。某社にいた頃はサーバーを構築した後に必ずadministratorを消して他に管理ユーザーを作ってました。その方がハッキングされにくくなりますのでね。おすすめです。

 

この手法を昔、新人サーバー管理者に教えたら「そんなことは教わってない」だの「非常識だ」などとえらく憤慨されたものですが、非常識ってねぇ・・・(笑)

 

交換した結果は・・・10倍以上速くなりました。元が遅すぎたのかもしれませんが、中継器なしでも問題なくつながります。

 

面白かったのは、手持ちのiPadで設定した後、iPhoneで設定しようとしたらパスワードなしでつながったこと。iOS端末だと設定が共有されるみたいです。Apple ID単位ですが。(Macは別みたい)

 

ほなほな。

BANDAI STAR DESTROYER(1)

久々に模型製作に戻りました。万年筆は・・・やっぱり高いヨ!(笑) 万年筆の自作はもう少し暖かくなって時間に余裕ができたらやります。

 

今回のネタは、バンダイから発売されているスター・デストロイヤーです。ヤマトのメカニックコレクションみたいなもんですね。こないだ新宿のヨドバシで初めて見かけて、ミレニアム・ファルコンと一緒に買いました。

f:id:smeagol14:20170304134554j:plain

 

中身。細かいパーツは細かいです。

f:id:smeagol14:20170304134602j:plain

 

とりあえずパーツを切り出して塗装する単位ごとに分けます。

f:id:smeagol14:20170304143239j:plain

 

見づらくてすいません。次回はもう少し見やすくなるようにします。

f:id:smeagol14:20170304143256j:plain

 

一番細かいパーツは艦橋の上にあるシールドジェネレーター。丸いやつがそれです。

f:id:smeagol14:20170304143304j:plain

 

シールドジェネレーターの間につけるパーツは凹んでる部分がランナーとつながっているので、デザインナイフの先端で丁寧に処理しました。おっさんにはキツい作業です。

f:id:smeagol14:20170304143555j:plain

 

シールドジェネレーターは後で整形することにして接着しました。パーツをはめた後に裏から接着剤を流し込みます。使っている接着剤はリモネン系の流し込みタイプです。臭くないって素敵。(笑)

f:id:smeagol14:20170304143815j:plain

 

艦橋がつくパーツはいまいち合いが悪かったので、接着してクリップで挟みました。いまいち挟む力が弱い気がするので、クランプみたいなパーツを作るのもありかも。

f:id:smeagol14:20170304150158j:plain

 

船体は気になるほどの歪みはありませんでした。ここは塗装後に瞬間接着剤で接着する予定です。

f:id:smeagol14:20170304152037j:plain

 

船体は両サイドの部分と格納庫の部分が別パーツになっています。サイドの部分は組み立てた後だとスミ入れがしにくいと考えて、これはこのまま塗装に入ります。

f:id:smeagol14:20170304152300j:plain

 

再塗装したかった万年筆と一緒にサフ吹きその他をしていきます。

 

共和国のスター・デストロイヤーとかスーパー・スター・デストロイヤーも発売してほしいもんです。

 

ほなほな。

 

PS4が手に入ったのでHDDを換装してみた

去年から新宿のサッカーバーFioriのマスターとバイオハザード7をやるかどうか話をしていました。ネックになったのはハードのこと。PS4を買わなきゃならないんです。

 

私はあまり家にいないのと、そもそもゲームはあまりやらないのでもったいない気がしたんですね。その割に高い万年筆は買うわけですが。(笑)

 

先週だったか、FioriのマスターがPS4を落札したというので見に行ったら・・・

 

「間違えて2台落札しちゃいました~。全部新品ですよ?」

 

というわけで、1台譲っていただきました。

f:id:smeagol14:20170228230842j:plain

 

同梱物。本体と取説、電源ケーブル、コントローラー、コントローラー用のUSBケーブル、HDMIケーブル、モノラルヘッドセット。

f:id:smeagol14:20170302094516j:plain

 

HDDは500GBしかないので、Seagateの2TBのSSHDを買いました。

f:id:smeagol14:20170302094545j:plain

 

さっそく換装します。まずカバーを取り外します。画面の左側から剥がすとあっさり外れます。かなり柔らかい素材なので壊れる心配はあまりないでしょう。

f:id:smeagol14:20170302095222j:plain

 

横のネジを外します。

f:id:smeagol14:20170302095240j:plain

 

接続ケーブルみたいなやつを引っ張ってHDDを取り外します。

f:id:smeagol14:20170302095406j:plain

 

中に入っていたのは東芝製のHDDでした。これはケースに入れてPS4の外付けディスクとして使います。まぁ、2TBあれば出番はないでしょうけど。

f:id:smeagol14:20170302100055j:plain

 

両サイドのネジ4本でSSHDを固定します。

f:id:smeagol14:20170302095826j:plain

 

今回買ったものは厚さが7mmで、2.5mm薄いです。隙間ができますが、スペーサーなどは挟む必要はありません。

f:id:smeagol14:20170302095841j:plain

 

後は外したときと逆の手順で元に戻せば作業は完了します。

 

次にFAT32またはexFAT形式でフォーマットしたUSBメモリーをパソコンに挿して、PS4のシステムソフトウェアをダウンロードします。

 

PlayStation®4システムソフトウェア アップデート | プレイステーション® オフィシャルサイト

 

上のリンクで「パソコン経由でのアップデート」を選んで、システムソフトウェアをダウンロードします。今回は新規インストールなので、再インストール用のものをダウンロードしましょう。

 

USBメモリーに入れるときは、まずPS4というフォルダを作って、その中にUPDATEというフォルダを作り、その中にシステムソフトウェアを入れないと再インストールはできないのでご注意を。

 

PS3と比較すると、PS4PS Storeなどの表示も速くて快適です。FIFA17の体験版をインストールして少し遊んでみたら、映像が綺麗で本編を買いそうになりました。(笑)

 

次はおっさんでも楽しめそうなソフトを探してみます。

 

ほなほな。