Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

リペアショップに行こう

今回は私がよく利用するリペアショップを紹介してみます。

浅草にあるNaked Guitar Worksさんです。

http://www.nakedguitarworks.com/

浅草寺の裏のほうにある、出来立てほやほやのお店です。

リペア担当の小園さんが他の楽器屋さんでリペア担当をされていたときに知りあって、お世話になるようになり、その楽器屋さんが某所に移転するタイミングで独立をされて、私もついてきた、という感じです。

ギターやベースは、楽器屋さんで売られている状態がベストではないことがあります。中にはちゃんと調整をしてから出荷するお店もあるかもしれませんが、ほとんどは調整をしていないでしょう。

これは実際に体感しないとわからないのですが、たかが調整とバカにはできないのです。車と同じで、ぜんぜん違ってきますから。

だがしかしで、全国いろいろなところにあるリペアショップが信頼できるかというと、そうでもないわけで・・・ 中には金は取るくせに仕事はいまいち、安いギターだと中途半端な仕事をする酷い店もあります。私も実際、何店か酷いお店に当たったことがあります。

ギターのリペアは難しいのは理解できます。様々な規格があり、部品も多々あり、木工、塗装その他、求められる技術は幅広いです。

その点、Naked Guitar Worksさんはアコギだろうがエレキだろうがベースだろうが何でも直します。今までいろいろとリペアや改造をお願いしてきて、後悔したことやガッカリさせられたことは一度もありません。

こないだエレアコのPU交換をお願いしたら、外から配線やバッテリーが見えないようにしつつ、PU自体もステーをわざわざ自作して取り付けてくれるなど、仕事が的確かつ丁寧なんです。

他にも調整をお願いしたら、ブリッジを完全に分解して、パーツを改造してくれたり、その楽器のパフォーマンスがフルに発揮できるよう、なるべくパーツは交換せずに調整してくれるんです。

いつも毒しか吐かない私が、褒め言葉しか出せないんですから相当なものです。

こないだ、トミ藤山さんが愛用のD-18のペグがおかしいというので、浅草までお連れしました。交換だろうな〜と思っていたら、トミさんがおしゃべりしている間にささっとペグを直してくれました。代金はなんと無料。もしかしたらお金取られないんだろうな、と思って他にリペアをお願いしてよかったと思いました。(笑)

というわけで、楽器をお使いの皆さん、だまされたと思って愛器を浅草まで持って行ってみませんか?

ただし、改造にはまって散財するようになっても責任は持ちません。