Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

Mountain Lionのクリーンインストール

流れ者の技術者なので、WindowsだけでなくMacも持ってます。仕事ではLinuxや汎用機を扱うことも珍しくありません。

どっちが好きかと聞かれたらMacのほうがやや好きですかね? もし、秀丸Becky!のOSX版が出たら完全に乗り換えるかもしれません。

エディターはともかくとして(Cot Editorやmiはなかなか良い)、Becky!みたいなメーラーがないのが残念です。Gyaz Mailでもまだ物足りません。

それはともかくとして、私の愛機は2008年に発売されたMacBookのボディがアルミのやつです。この後、MacBookポリカーボネートのボディに戻って、アルミはMacBook Proだけになりました。

この時、確か一週間くらい前にMacBookの黒を手に入れてたんですよ。英語キーボードにクラっときまして。(笑) その一週間後に新宿で打ち合わせを済ませた後、ソフマップに寄ったら、今度はアルミの質感にクラっときて買ってるんですから、ほとんど病気です。

それ以来、メモリを限界まで増設したり、HDDを500GBに増設したりして今日まで使い続けてきました。職場で最新型のMacBook Proを支給されてから、性能面での物足りなさを感じつつありますが、まだまだ使い続けます。

OSは確か最初はLeopardで、それからSnow Leopard、Lionときて、こないだ最新のMountain Lionにしました。常に上書きで。(笑)

特に不具合が起きるわけでもなく、メインのマシンでもないので、クリーンインストールはしなくていいや〜と放置していたのが、いきなり本業でiPadのアプリを開発することになって、Objective-Cの復習をする必要に迫られて、一気にMacを使う時間が増えました。

そして、この際だからクリーンインストールするか〜となったわけであります。はい。

クリーンインストールをする前にやったのは

・データのバックアップ
iTunesの認証解除

くらいでした。ドライバーとかを探さなくて良いのもMacの良いところです。これを終わらせたところで一度電源を切って、Optionキーを押下しながら電源を入れます。

ハードディスクのアイコンがいくつか現れたところで、一番右にある「復旧 10.8」というアイコンをクリックします。これがリカバリ領域なんですね。

起動したら、ディスクユーティリティを選んでOSXがインストールされていたパーティションをフォーマットします。私はBootcampも使っていたので、一緒に消してパーティションをまとめようとしました。・・・エラー発生。orz

結局、パーティションをまとめるのは諦めて、フォーマットだけしてMountain Lionをインストールしました。インストールは40分くらいで終わりました。

あんまり快適になってないな〜と思いながら、ディスクユーティリティーでBootcampパーティションを消そうとしたら、今度はうまくいきました。そのうち、256GBくらいのSSDに交換してもいいかもしれません。

ここまで来たら後はOfficeを入れたり、Xcodeを入れて終わりです。WindowsみたいにWindows Updateで時間を取られることはありません。(笑)

そのうち、私が使っているアプリの紹介でもしますかね。