Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

アコギにもEMG

私の相棒です。Woodwareというブランドで、日本ではあまり見かけません。同じ型番のギターはこれ以外見たことがありません。

噂レベルの話ですが、韓国のOvationを作っている工場で作られたとかで、本家と違って、ネックが5ピース、ボディが樹脂ではなくアルダー材の編み込みになっております。かなり手がかかっているギターです。ボディの厚みは本家で言うところのミッドデプスと同じくらいです。

ペグはPlanet WavesのAuto Trimに交換してあります。アンプにつながなくてもエレアコらしからぬ鳴りがするギターで、これがあればGibsonもMartinもいりません。

手元で音量を調整できないのが唯一の不満点で、どうしたものかと悩んできました。他のギターと違って、ボディに穴なんか開けたくないですからね。

というわけ?で、EMGのACSをつけてみました。

取付と調整は例によって例のごとく、浅草のNGWさんにお願いしてあります。いつもながら見事な仕事です。サウンドホールからバッテリーも配線も見えないよう、さりげなく丁寧な仕事をしてくれています。

http://nakedguitarworks.com/top.html

さらに、指板の形(出っ張りの部分)が特殊で、ピックアップの位置がブリッジ寄りになったため、ピックアップを固定する部分を作り直してくれています。

元々ついていたピエゾは取り外してあります。ピックアップを買ったとき、他社製品と比較して、だいたいどんなものかわかっていたので、ブレンドする必要は感じませんでした。

音の方は、マグネチックらしさは皆無です。エレキみたいな音になりません。また、ノイズもまったくなし。ニュアンスも出しやすいです。あまり使っているのを見かけないのも良いです。

サウンドハウスなら一式で16,000円くらいで買えますし、エフェクターを使ったりする人にはうってつけなピックアップだと思います。エフェクターは使わない、という人にもおすすめです。

ピエゾも!という人はEMGのAS93UとACSを組み合わせれば無敵です。最初から組み合わせられるようになってますから、取付は簡単です。

私は今の音で満足してますから、AS93Uはたぶんつけない・・・はずです。