Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

Monogram MR-820G(MBL)を改造しまくってみる。

「道具なんて何でもいい」がモットーの私でも、密かに憧れているギターがあります。GibsonのLes Paul RecordingやMosrite、そしてRickenbacker

もっとも、GibsonはMartin同様、値段に見合う価値も魅力も感じられませんし、Mosriteはおかしなことになってますし、Rickenbackerも割高な気がするので、本物は買いません。

Rickenbackerの場合、トラスロッドが特殊で調整が面倒そうなのも購入を躊躇わせます。

ということで、MonogramというメーカーのMR-820G(MBL)を買ってみました。値引きしてもらって40000円くらいで、普通に買うともう少し高くなります。

購入直後の状態。このギターはお勧めしません。10000円くらいのギターのほうが道具としてまともです。何がダメかって、


ロッドカバーとピックガードが汚い! 保護シート?を剥がしたら、塗装が甘いのか、管理が杜撰なのか、何もしていないのにこれですよ。(笑)

他にも、ブリッジのサドルの溝切りが適当だったり、ノイズ対策が適当だったりと、いろいろとダメな部分がわかって、捨てようかとすら思いました。

# ここらへんは他のメーカーもちゃんとしてなかったりしてます。

そして、今はこんな感じに。

ピックガードとロッドカバーにはカッティングシートを貼りました。ペグはGOTOH製にして、EMGのブースターもつけています。

気に入らないのは、PUの高さがバラバラなために音量差が激しいことと、やはりブリッジですね。溝が弦の太さと合っていないためにシタールみたいな音が出ます。

この際、どうせ本物じゃないですし、こだわりがあるわけでもないので、ブリッジもピックガードもロッドカバーも、必要とあればピックアップも交換するなり作り直すなりして、本家にはない仕様にすることにしようかな。

# くだらんコメントをつけられたので少し編集しました。(2013/9/22)