Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

Squier Standard Stratcaster Mod

Gibson、Martin、Fenderは使わない」がモットーでした。過去形
なのはFenderが増えているからです。(現在、4本)

高いギターを買う行為は否定しません。買える人はガンガン買えば
いいです。ただ、私は高級ギターのほとんどに価値を見いだせない
だけです。

有名なメーカーがロゴだけでボッタクリをしている印象を受けるよ
うなことが多いこともありますし、既に完成されているギターに興
味がわかないということもあります。要するに、改造するのが好き
ってことですね。はっはっは。

というわけ?で、今回はSquierのStandard Stratcasterを紹介しま
す。このギターはヤフオクで見つけました。8000円くらいでした。

サンバーストカラーのボディにべっ甲柄ピックガード、そしてメイ
プル指板の組み合わせに惚れました。

ボディはアガチスです。アガチスは東南アジアで家具用に使われる
材で、楽器用としてはマホガニーの代用として使われたり、70年代
の国産ギターに使われたこともあったようです。

ネックはメイプルです。個人的にはFenderの飴色のが好きで、こう
いう白っちゃけたのはあまり好きではないです。

最近好きになったラージヘッド。ストリングガイドはFernandes製の
ローラータイプに、ペグはPlanet WavesのAuto Trimというロック式
に交換しています。このペグは余った弦が自動的に内蔵されている
ニッパーで切られるんです。(品質的にはちょっといまいち)

ボディはだいぶストラトらしくなくなってます。Naked Guitar Works
の小園さんにカスタマイズしてもらった後、Waltz Guitar Studioの
柳さんにRobbie Robertsonっぽくしてもらいました。

Waltz Guitar Studioさんはピックガードの型を持っているので、す
ぐにこの形のピックガードを作ってもらえます。

手に入れた時点でアームを刺す穴の内部が割れていたため、裏から
木片を入れてトレモロを完全に固定しています。Robbieもそうして
いた時期があったようです。スプリングは5本にしました。

PUはイギリスのEntwistle製です。

http://www.entwistlepickups.com/

ヤフオクで割と安く手に入れました。裏に棒状のかなり強力な磁石
がついていて、接着されていなくて音が鳴らない、なんてことがあ
ったのは内緒です。磁石はネオジムみたいですね。

音のほうはかなりパワフルです。シングルコイルらしさもしっかり
残ってます。ポットは500kのほうが合う気がします。PUの配列を変
えてセンターとシリーズの直列化をしたことで、メタルでも使える
ようになりました。

トーンはリアも効くようにして、真ん中のスイッチがターボスイッ
チになってます。セレクターがフロントのときにスイッチを入れれ
ばフロントとセンターが直列で接続され、リアのときは(省略)

同じような改造をしたFenderのストラトと比べると、こちらのほう
が粘っこくて泥臭い、ブルース向きな音が出ます。The Bandの曲を
やるのにちょうどいいです。