Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

プロの仕事

デスマーチは遠慮したいけど、暇すぎるのも遠慮したい今日この頃
です。

またまたNaked Guitar Worksさんのブログで私のギターがネタにな
りました。こういうのってありがたいですよね。

今回預けているのは12/6でネタにした自作のストラトです。

http://d.hatena.ne.jp/smeagol14/20121206/1354761693

結局、ピックアップは見た目が好きなので、そのままにしました。
CarvinのC22は他のギターに載せます。たぶんMavisのMST-600に載
せるでしょう。

今回は全体の再調整と配線のやり直しです。トーンとFenderのTBX
は別物だと教わり、ボリューム、トーン、TBXの組み合わせにして、
さらにフロントはシリーズとパラレルの切り替えができるようにし
ました。ハムバッカーをパラレルで鳴らすのは小園さんに教わって
好きになり、FenderのMustangと確かSteinbergerもそうなっている
はずです。

Naked Guitar Worksさんでリペアの相談をしているとき、気づ
いたことがありました。

↑他の店でやってもらった配線。

ホットもコールドも色分けせず、見た目からしてやっつけ仕事な印
象を受けます。

↑Naked Guitar Worksさんで配線をやり直した後。

圧倒的に後者のほうが丁寧ですよね。これならお金を払おうと思い
ます。当たり前のことをいかに当たり前にするか、見えないところ
も手を抜かないかが大事なんだな、とブログを読んでいて思いまし
た。これはIT業界で働く私にも言えることです。

残念ながら、リペアショップは適当なところが少なくありません。
他でリペアをして失敗して、Naked Guitar Worksさんでリペアし直
してもらったギターは何本もあります。

配線をミスしているとか、オクターブが合っていないとか、新造し
たピックガードに大きなキズがついているとか、ピックガードが浮
いているとか、ナットの溝調整が雑・・・等など。

現時点で、信用できるのは

・Naked Guitar Works(http://nakedguitarworks.com/
・Waltz Guitar Studio(http://www.waltzguitars.com/
・Hobo's(http://www.hobos-g.com/

だけです。Hobo'sはアコギ専門店です。

私は基本的には近所なこともあってNaked Guitar Worksさんを利用
して、リフィニッシュやストラトのRobbie Robertsonモデル化やデ
ザイン的にオリジナルの要素が絡むリペアはWaltz Guitar Studioさ
んを利用する感じです。

Waltz Guitar Studioさんのギターは来年の購入を目指していますが、
いつかNaked Guitar Worksの多田さんと小園さんが作ったギターを
買ってみたいです。・・・って、まだギター買うのかよ>自分