Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

Burny SRLG55

Les Paulを使うギタリストといえば、私はJimmy Pageがまず思い浮
かびます。そしてLes Paulですね。私と同世代の人はSlashと答える
人が多いはずです。

高校時代にエレキを始めたとき、ちょうどGuns N' Rosesがデビュー
して、みんなLes Paulタイプのギターを買ってピックガードを外し
てました。(笑)

周りと同じギターを使うのが嫌な私はそれでセミアコを買い、ずっ
とLes Paulタイプのギターには手を出さずにきました。

このギターを買ったのは、やはりLes Paulさんが亡くなったことが
一番の理由です。父親の影響でLes PaulやChet Atkinsは幼い頃から
聴いてきました。

これはBurnyのLes Paulレプリカで、島村オリジナルらしいです。
Burnyはマホガニーのネックとボディで、作りもそう悪くはありませ
んから手を出しやすいです。

島村オリジナルだとヘッドに何も入ってません。個人的にはそっち
のほうが好きです。ペグは弦交換が楽なのでマグナムロックにして
あります。

PUは最初にEntwistle製にしたら異常にノイズが出るため、Duncan
に変えました。フロントにCustomを、リアにScreamin'Demonを載せ
ています。

この他、テールピースをロックできるFixerをつけています。が、
ネジを閉めたらスタッドが浮いてきてしまい、接着剤で固めました。

杢目は本物かどうかわかりません。(笑)

ほぼ同時期にGibsonのLes Paul(売却済み)を手に入れていまして、
それと比べると、作りに関しては差は感じませんでした。ただし、
音に関してはGibsonの方が色気があるというか、ギターの個性を感
じました。音の太さもぜんぜん違います。Screamin' Demonと本家の
Burst Bucker Proの差もあるかもしれません。Screamin' Demonは中
域と低域が弱く、高域がきれいに出ますので。あと、粘りもありま
せん。

このギターの良さは、クリーントーンがきれいなところですかね。
フロントのCustomはScreamin' Demonとは対照的な音で、何にでも使
えます。メタルもできます。

何だかんだで気に入ってます。(笑)