Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

選挙が終わって

こないだの選挙についてあれこれ書いてみます。

都知事選については悩みました。どの候補も魅力を感じなかったの
で。私は五輪誘致にも築地市場の移転にも反対です。

五輪誘致にかかる金が、五輪を東京でやって得られるものに見合う
のか疑問があります。何千億も使うなら、他のことに使うべきでし
ょう。

私が住んでいる足立区では生活保護費に420億円使ってます。税収は
374億円です。生活保護費だけで赤字ですよ。全員が全員、保護を受
けるに値しないことは明らかです。

築地市場に関しては、子供の頃から何度も行ってますから、老朽化
していることなど問題があることは百も承知。それでも、築地市場
は文化財みたいなものですから、安易に移転するもんじゃないと考
えてます。

今回、都知事選に出馬した人で、支持できる人はいませんでした。
とりあえず、ギャグでトクマに入れました。改めて候補者の一覧を
見て、ろくなのがいないなと痛感しました。(笑) あれじゃ猪瀬
さんの圧勝で終わるのも無理はありません。

衆院選民主党の惨敗でした。これも都知事選と似たようなもので、
例えるなら、不味い飯屋で何を注文するかという感じですかね。ど
れも危険そうだから比較的不味くないのを選んだ結果が自民圧勝。

こんなんじゃ選挙に行かないほうがまし、という考える方がいても、
それはそれでアリでしょう。

ただ、黄川田さんが当選したり、管元首相や田中真紀子、仙谷さん
が小選挙区で落ちたように、選挙は無意味ではなく投票権というの
は無価値ではありません。日本でスターリンやヒトラーが生まれな
いとも限りません。

歴史を顧みて、日本は支配層と被支配層が分かれてきて、今の体制
も勝ち取ったものではなく与えられたものです。血を流して何かを
得たことはないのではないでしょうか。

汗を流した金と生活保護でもらる金は同じ千円でも使う側にとって
重みが違います。後者は、おそらく、ありがたがるのは最初だけで
すぐに麻痺して自立することを放棄します。

権利も同じようなもので、何となく与えられたから、意識が甘く、
低くなるのでしょう。

<由らしむべし知らしむべからず>

2500年前の孔子の言葉です。為政者は人民を施政に従わせればよい
のであり、その道理を人民にわからせる必要はない、という意味で
す。この古からの支配原理に支配される側までもが染まった結果、
”現在”の日本がある気がします。

何はともあれ、選挙は自民党の圧勝で終わり、新しい内閣は民主党
の置き土産の処理をすることになります。安倍さんは一度失敗して
いるだけに、良い意味で期待をしています。汚名を返上するには最
高の機会ですからね。

何よりも、遅れに遅れている被災地の復興が進むようにしてほしい
ものです。復興のための金が沖縄の道路の舗装に使われるなんてこ
とはなくしてもらいたいです。

近々、私は被災地の”現在”を見てこようと考えています。