読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

THE BEST OF CINEMA MUSIC

音楽

こないだから妙に視界がぼやけると思ったら、今日は左目が沁みる

ように痛んで開けられません。ドライアイってやつですかね? 目

は大事ですから気をつけないと。

 

こないだYouTube久石譲さんが日本武道館でやったコンサートの

動画を観たんですよ。私の大好きな「もののけ姫」の「アシタカと

サン」という曲が歌詞付きで、ボロボロ泣いてしまうほど素晴らし

くて、調べてみたら、DVDしか出ていないようなんです。

 

そこでさらに調べてみたら、似たような感じのを見つけました。

 

THE BEST OF CINEMA MUSIC

THE BEST OF CINEMA MUSIC

 

東京国際フォーラムにて開催された東日本大震災チャリティー・コ

ンサートを収録したものだそうで、売り上げは、東日本大震災で楽

器を失った子どもたちの為に寄付されるそうです。

 

これだけでもう買いたくなります。なお、ライナーノーツは必読な

のでダウンロード販売を利用するのはもったいないです。興味があ

る方はぜひ、ライナーノーツも読んでみてください。

 

収録曲はこんな感じ。

 

<収録曲>

1.NAUSICAA(映画『風の谷のナウシカ』より)

2.Princess Mononoke(映画『もののけ姫』より)

3.THE GENERAL(映画『THE GENERAL(キートンの大列車追跡)』より)

4.Raging Men(映画『Brother』より)

5.HANA-BI(映画『HANA-BI』より)

6.Kids Return(映画『Kids Return』より)

7.Let The Bullets Fly(映画『譲子弾飛』より)

8.Howl's Moving Castle(映画『ハウルの動く城』より)

9.One Summer's Day(映画『千と千尋の神隠し』より)

10.Summer(映画『菊次郎の夏』より)

11.Villain(映画『悪人』より)

12.Ashitaka and San(映画『もののけ姫』より)

13.My Neighbour TOTORO(映画『となりのトトロ』より)

 

個人的には「アリオン」とか「タスマニア物語」も入れて欲しかっ

たです。まぁ、このコンサートはただのコンサートではありません

から、考えがあってこの選曲になったのでしょう。

 

ハイライトはやはり、「アシタカとサン」でしょう。

 

特に震災が起きてから、「もののけ姫」という作品がさらに好きに

なり、自分の中で再評価するようになっています。

 

「曇りなき眼(まなこ)で見定める」

 

アシタカのセリフが頭のなかをグルグルと回るのですよ。自分自身

への問いに答えが出ずに悶々とする、ともいいます。

 

コンサートのパンフレットに書かれている久石さんの文章にヒント

があるような気がします。

 

--------------------------------------------------

 

 映画「もののけ姫」のラストで「ともに生きよう」と

いうセリフがある。それはお互いの痛みを分かち合いな

がら、希望を持ってそれぞれの場所でしっかり行動せよ

という意味にも僕には取れる。

 

 馴れ合いのぬるま湯から、真の心の独立を目指し、僕

は僕の場所でできることを精一杯行なって行く覚悟であ

る。

 

久石 譲

 

--------------------------------------------------

 

もののけ姫」で印象的なのは、結局、アシタカの呪いは消えない

ところにあります。痣は完全に消えていないのです。死の呪いは消

えるかもしれないし、消えずに命を奪うかもしれない。周りの状況

もけして明るくはありません。それでも、希望を失わずに生きよう

とする。この点で「もののけ姫」は「ナウシカ」を超えている気が

するんですよ。

 

「何とかする」と「何とかなる」の違いですかね。

 

さて、アルバムの内容について書いてみますか。

 

ぶっちゃけ、良くないです。(笑) アレンジや演奏は素晴らしい

ですよ。何が良くないのかというと、それはバランス。あれこれい

じりすぎて、おかしなことになっちゃってます。

 

普段、クラシックをよく聴いているからか、不自然さが気になって

気になって、「あれ?」と首を傾げてしまいます。

 

というわけで、給料が出たら武道館のDVDを買おうと思います。