読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

錦糸町の六弦とベビーロック

学生時代はともかく、働き始めるとなかなか演奏する機会を得ることはできません。私のいる業界のように休みがいつ取れるかわからなかったり、定時なんて言葉が死語だったりするとバンドなんか組めません。ライブも滅多にはやれません。そもそも、ライブをやれるほどの腕がある自信もありません。

 

フォーク酒場やライブバーは気軽に演奏できるので非常にありがたい場所です。どこに行っても必ずそういう店があるのは、それだけ需要があるということなんでしょう。

 

五年くらい前にまた音楽を始めて、きっかけがSimon & Garfunkelのファンの集いだったのと、バンドを組んだりする余裕がないことから、自然と弾き語りをせざるを得ず(バンドのほうが実は好きだったりします)、フォーク酒場に出入りするようになりました。

 

最近は錦糸町にある2つのお店を行ったり来たりしています。そこに行き着くまでは上野や四谷、池袋、大塚の辺りをフラフラしていました。出張などで札幌や函館、名古屋にあるお店に行ったこともあります。

 

錦糸町の行きつけ?の店の一つは「六弦」です。

 

http://roku-gen.com/

 

ここはドラムやキーボードもあり、アンプなどの機材も揃ってます。ほとんどのジャンルが演奏可能です。

 

この店の良いところは、料金が安いことと、ドリンクとフードがそれだけで勝負できるくらいレベルが高いことです。ほとんどのライブバーやフォーク酒場はドリンクとフードが酷すぎるんですよ。

 

金を取る以上、酒を作るのも料理を作るのもプロの仕事でなければならないのに、素人レベルの酒や料理を出されたら萎えます。レンジでチンするだけとか。(笑)

 

六弦は私が糖尿病になったと知るや、カフェインが入っていないお茶を仕入れてくれたり、お通しなども気を使ってくれて、さらには糖尿病の本を読んで勉強しているそうで、とてもありがたいです。

 

楽器を弾かないお客さんもそれなりに来るので、演奏する場所としては好みは分かれるかもしれません。

 

もう一軒は「ベビーロック」です。

 

http://babyrockbabyrock.web.fc2.com/

 

店名はロックなのに弾き語りがメインなお店です。ここはソロで弾き語りをするのが好きな人に向いてます。置いてあるギターはこの手の店にしては豪華でGibsonのJ45やMartinのD-28、オリジナルのGuildなんかもあります。

 

弾き語りをする人が集まるからか、酔っぱらいの団体がいるとき以外は家庭的な雰囲気で、演奏する場、練習をする場としては理想的です。もうちょっと流行ってもいいのにな〜と思う反面、あまり流行ると隠れ家が減るので困るので、それなりに流行ってほしいです。

 

常連さんのブログを見ると雰囲気がよくわかります。

 

http://blogs.yahoo.co.jp/lily7600jp

 

錦糸町は正直良いイメージがなく、今でもあまり良くは思ってませんが(笑)、どちらのお店も明朗会計で懐に優しいです。

 

私は週末はたいていどちらかにいます。