読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

iOS Developer Programに登録してみた

今の現場ではObjective-Cで開発をしています。

 

楽器と同じく広く(浅く?)やるのがモットーでして、アセンブラからCOBOLVisual BasicJavaPHP等など、行く現場に合わせて環境や開発言語が激しく変わってきました。適応力はそれなりに高いと自負しています。現場が変わった直後はそれなりに大変ですけどね。

 

今回、Objective-Cをやるのにはちょっと抵抗がありました。正直、Apple製品はあまり好きではないのと、Apple信者(ファンじゃなくて信者ね)が嫌い(笑)なのと、Objective-Cを使う仕事に良い思い出がないのが理由です。(別に言語が悪いわけじゃありませんね)

 

何だかんだで今の現場に溶け込んで、これからも長居できそうな雰囲気になってきたので、AppleのDeveloper Programに登録してみました。値段は8400円で、毎年ATOKにお布施していたことを考えれば安いもんです。

 

Developer Programの詳細は下記のリンクを見てください。

 

http://developer.apple.com/jp/programs/ios/

 

要するに、これに登録すれば自作のアプリを手持ちの実機で動かしたり、App Storeで公開できるわけです。新しいOSのベータ版なども手に入れられます。

 

Apple IDは既に持っているので、それを利用して申し込みます。サイトは途中まで英語です。英語が苦手な人はObjective-Cには手を出さないほうが良いでしょう。

 

個人用のライセンスを選択して、iOS Developer Programを選んでCartに追加するとApple Storeに移動します。ここからは日本語です。

 

代金を振り込むとAppleがメールがきて、アクティベートしようとすると・・・できません。orz

 

名前や住所を日本語にしているとこうなるようです。そこで名前やふりがな、住所(国と都道府県はできません)をローマ字表記にした上で、サポートに英語で注文番号などを添えてアクティベートできない旨を伝えたのが昨日までのお話。

 

今日の朝、Appleから保留状態を解除したというお知らせが届いて、Safariのキャッシュをクリア(大事らしい)してから再度、アクティベートすると・・・今度はうまくいきました。

 

保留状態のとき、アメリカのサイトでログインしたときに名前などが??になっていたらビンゴです。

 

せっかく登録をしたからにはアプリを作って公開したくなります。ブログのネタ作りのためにも。(笑)

 

まずは自分用にギターやウクレレのチューニングに使える音叉アプリを作ります。音と周波数を選んでタップしたりシェイクすると音が鳴る機能と普通のチューナーの機能を併せ持ちながらデザインその他はいたってシンプルなものを作るつもりです。

 

私はチューナーが嫌いで音叉で5弦を合わせてから他の弦をハーモニクスなどで合わせるやり方がベストだと思ってます。チューナーで合っても実際に弾くとおかしいことってありますよね。ある程度本格的に、人前で演奏するくらいのレベルを目指すならば、チューナーなんかに頼らずにチューニングできるようになるべきだと個人的には思います。

 

さらにぶっちゃけると、チューニングがまともにできない人が多すぎです。自分で弾いていて気持ち悪くないのかといつも不思議に思います。

 

何はともあれ、暇ができたらデバイスの登録やら何やらやってみようと思います。