Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

Blitz by Aria Pro II BSG-61 Mod

去年の末に手に入れたAriaの下位ブランドBlitzのBSG-61の改造がとりあえず終わったのでレビューをしてみます。

 

f:id:smeagol14:20130203130818j:plain

 

安物です。15000円くらいで手に入ります。

 

今までGibsonを買ったこともあれば、50万くらいのギターやオーダーメイドのアコギを手に入れたこともあります。

 

その上で思うのは、値段が高いギターから必ずしも十分な満足感を得られるわけではない、ということです。値段が高いほうがハズレを引く可能性がやや低い程度で、値段が高くても酷いギターはいくらでもあります。

 

ある楽器店で某有名ブランドのギターがほぼすべてセンターずれしていたなんてこともありますし、作りが適当だったり雑だったりというのは安物の専売特許ではありません。

 

なので、私は安物を買います。安物なら遠慮無く改造できますしね。

 

f:id:smeagol14:20130203130831j:plain

 

ヘッドは本家っぽい形をしています。今回はナットはそのままにして、ペグをマグナムロックに交換しました。ナットはいずれ変えるでしょう。ナットの交換を忘れていたのは内緒です。

 

フレット周りは上出来でした。チョーキングをするとザラザラしているところがあるため、弦を交換するときにスチールウールで磨きます。

 

f:id:smeagol14:20130203130947j:plain

 

ボディは地味に手を加えました。テールピースとブリッジは某社のものと交換をして、テールピースはFixerで固定してあります。三段階選べる高さの真ん中を選んだら、弦のテンションが若干緩く感じるようになって、ちょっと失敗したかなと。(汗)

 

ジャックはスイッチクラフト製にして、ポットやトグルスイッチも新しくしました。ここらへんは割と大事です。

 

ポットは小園さんと相談をして250kにして、コンデンサーはオレンジドロップの0.047uFにしてあります。ここらへんもなかなか奥が深いです。

 

ピックアップは4000円くらいで手に入れたDragonFireのP90タイプです。見た目に惚れました。

 

このギターにつけてみた感想は、まずノイズが少なめで、シングルコイルらしさがありつつ、ミドルに粘りが感じられました。自作のストラトにつけた他社製の同じような製品より好みです。

 

クリーン〜クランチあたりで鳴らすと一番美味しい気がします。手持ちのテレキャスより、弾いていてアコギっぽさ?を感じます。

 

なお、今回は私にしては珍しく、配線はいたって普通にしてあります。(笑)