Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

フレットレスベースの指板コーティング

 結局、ジェルカラーニスのクリアーを2回、ウォルナットを2回塗って終わりにしました。掃除をしてから弦を張って弾いてみました。

 

シールを貼ったのは気分です。

 

f:id:smeagol14:20130210144325j:plain

 

 

弾いてみた印象は、それほど劇的には変わっていない、というのが正直なところです。弦を弾いたときやスライドさせたときの音の響き方がちょっと変わったような気がします。出音がクリアになって、生音も若干大きくなったかな?と感じます。

 

f:id:smeagol14:20130205163556j:plain

 

↑コーティング前と↓コーティング後

 

f:id:smeagol14:20130210144409j:plain

 

 

こうして見るとけっこう変わってますね。フレットラインやポジションマークもうっすらと色がついて渋くなっています。

 

もっと硬くするなら2液型のウレタンかエポキシを使うしかないでしょうね。ガラスコーティングは薄いみたいで、今回みたいな用途に使うのは冒険です。値段もけっこう高いですし。

 

アサヒペンのジェルカラーニスは値段が安く、塗るのがとにかく楽で素晴らしい製品だと感じました。ただし、着色するのには向いていません。半透明な塗装にするなら、ステインで着色をして、その上からジェルカラーニスのクリアを塗って仕上げるのが良いと思います。