読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

Roland CUBE Lite Guitar Amplifier

機材レビュー

 最近、物欲とは無縁だと思っていたら、何だかんだでいろいろ手に入れてます。iPad mini、Naked Guitar Worksさんのオリジナルシールド、SquierのTelecasterに今回のアンプ・・・って、買いすぎ!>自分

 

今回手に入れたのはRolandの新製品です。前から行きつけの島村楽器錦糸町店の店員さんに「コンパクトなアンプないかねぇ?」と言っていて、YAMAHAのを買うかどうか悩んでいるときに発売されることを知って、島村楽器の店員さんも一台確保してくれていました。

 

http://www.roland.co.jp/products/jp/CUBE_Lite/

 

赤が欲しかったのは内緒。

 

普段はMarshallとVoxのアンプを使っていて、エレキならMarshall、エレアコならVoxを使ってました。Voxのはボーカル用マイクも同時に使えるので何かのときに便利かな〜と思って買って、まだ何も起きていません。(笑)

 

ちなみにVoxのはMINI3ってやつです。

 

http://www.voxamps.jp/products/MINI3/index.html

 

これも十分に小さいんですけど、机にちょこんと置けて、ギターを取り出せばいつでも演奏するには不向きなんですよね。その点、CUBE LiteはサイズがとてもコンパクトでデスクトップPCの上に置けます。

 

f:id:smeagol14:20130302115238j:plain

 

 

比較用にiPhone 5を置いてみました。専用のACアダプタもコンパクトです。ただし、箱は無駄に大きいです。BOSSのマルチエフェクターも無駄に箱が大きいんですよね〜。

 

f:id:smeagol14:20130302115301j:plain

 

コントロールはいわゆるゲイン、モードを切り替えるスイッチ、ボリューム、ベース、トレブルと内蔵エフェクトと最低限のものは揃ってます。内蔵エフェクトなんかいらないからミドルもつけてほしかったと開封時には思いました。

 

f:id:smeagol14:20130302115319j:plain

 

 

裏もシンプルです。インプット端子、iOS端末との接続用の端子、ヘッドフォン端子、電源スイッチ、電源用の端子が並んでます。

 

CUBE Liteの特徴の一つに、iOS端末との連携があります。無償のアプリをiPhoneiPadに入れることで、端末内の音源を流しながら演奏をして、それを録音してネット上にアップロードしたりできるんです。しかも、音源のギターの音を消す機能(もちろん完璧ではありません)までついています。

 

セッションで演奏する曲をカラオケ状態で弾いたり、オリジナル曲にギターを入れたり、とiOS端末を持っていれば出来ることが増えます。

 

肝心の音は、良いシールドを使ったせいか、クリーントーンが特に素晴らしいです。手持ちの多すぎるギターを全部出して試してみたところ、特にシングルコイルを載せたギターは何本か惚れなおしました。たぶんシールドの影響が大きいでしょう。

 

モードは、クリーン以外のCRUNCHとEXTREMEはクリーンほど良いとは思えませんでした。MINI3のほうが良いです。ただ、歪ませるときはエフェクターを使うので問題はありません。

 

ベースとトレブルは、特にベースの効きが凄いです。サイズから考えられないくらいの音圧を感じます。100wクラスのアンプと勝負できるくらい低音が良く出ます。これは素直に凄いと感じました。

 

内蔵エフェクトも素晴らしいです。ChorusもReverbもステレオ出力だからか、手持ちのコンパクトを出す気が失せるほど良いです。

 

もしベース用が発売されたら、すぐ書います。

 

私のようにサブとしてではなく、(自宅用の)メインのアンプとして買うのもアリでしょう。かなり気に入りました。