読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

ストラトのネック交換(4)

ネック交換

天気が悪かったり、時間がなかったりでネック交換の作業が進みません。

 

というわけ?で今回は番外編というわけで、前に作ったストラトのネックの再塗装を始めてみます。

 

塗装に使うのはアサヒペンのジェルカラーニスです。ハケなどを使わずに塗ることができて、塗膜もそこそこ硬くできるので便利です。

 

f:id:smeagol14:20130409114611j:plain

 

今回は塗装用のウエスを買ってみました。こんなのわざわざ買わなくても・・・と思った人は賢いです。ただの布でした。(笑) 

 

f:id:smeagol14:20130409115024j:plain

 

 ネックを干すためにこんなのも用意しました。ペグ穴の大きさによっては合わないかもしれません。

 

f:id:smeagol14:20130409114726j:plain

 

 ラッカー塗装をはがした後、マスキングまでして放置中のネックです。ジェルカラーニスはウォルナットを使います。

 

f:id:smeagol14:20130409114757j:plain

 

 一応、未使用のネックです。

 

f:id:smeagol14:20130409120137j:plain

 

 塗装は5分もかかりません。ウエスにジェルカラーニスを適量垂らして、ネックのすり込んでいきます。前にも書いたような気がしますが、色はうっすらとしかつきません。一応、今回はテストのためと、買って失敗した気がするウォルナットを使い切るために使いました。

 

このネックはウォルナットで6回ほど塗装をする予定です。普通は4回くらいでいいと思いますよ。

 

f:id:smeagol14:20130409120149j:plain

 

本当に色がつかないでしょう? 着色したい人はステインを使うべきです。そしてジェルカラーニスのクリアで最後の仕上げをすればOK。Atlansiaのネックは着色はせずにクリアだけ塗ります。

 

このネックは塗装を剥いだから傷があちこちついていて、塗装をしたらかなり目立つようになりました。下地処理はきちんとしないといけませんね。

 

このネックをつけるボディはまだ塗装をはがしていないので、そのうちにランダムサンダーでも買ってヘッドの裏と表は研磨し直すかも。

 

その前にAtlansiaのネックの塗装が終わりそうな気がしますが。(笑)

 

**** 追記 ****

二回塗って乾燥させた状態をアップします。

 

f:id:smeagol14:20130409212119j:plain

 

 

f:id:smeagol14:20130409212128j:plain

 

f:id:smeagol14:20130409212139j:plain

 

 

うっすらと色がついてきて、薄っすらと塗膜ができています。やはりリフィニッシュは面倒です。色のつき具合がバラバラなのはシーラーやプライマーが残っているからかもしれません。

 

週末は条件が整えばAtlansiaのネックの塗装を始めてみようかと。