Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

記憶の光 / KOKIA

記憶の光

記憶の光

 

最近、「宇宙戦艦ヤマト2199」にすっかりはまっております。子供の頃に旧作にはまり、完結編まで全部観ました。200円で売られていた模型もほとんど買いました。初めて好きになったアニソンはEDで使われた「真っ赤なスカーフ」です。

 

旧作はヤマトIIIあたりから飽きて、完結編は一応観ましたが、あまりのご都合主義にがっかりして、それ以降に作られたものは一切観ませんでした。実写版も古代役が誰かわかった時点で観る気は失せました。(笑)

 

今回、一作目がリメイクされると聞いて、またタイアップで新人の曲が強引に使われたりするんだろうな〜と期待はしていませんでした。

 

きっかけはBANDAIチャンネルで第一話を観られたことです。観てすぐにDVDを注文しました。

 

女性キャラクターのアホ毛(やたら多い)や、旧作での10話にあたるエピソードの演出がいまいちなことを除けば、かなり面白いです。焼き直しではなく、ちゃんとリメイクになっているので旧作ファンも満足するのではないでしょうか。

 

声優さんが変わったこともほとんど違和感を感じませんでした。ガンダムで散々な目に遭った鈴村健一さんが良い役をもらえていて良かったです。(笑)

 

さて、「記憶の光」は第四章のエンディングに使われている曲です。第三章のエンディングが旧作でも使われた「真っ赤なスカーフ」で大感激しただけに、最初はかなりガッカリしました。が、聴いているうちに良い曲だな〜と思うようになりました。

 

KOKIAも某ガンダムで使われた挿入歌がなかなか良い出来だったのに、肝心の作品がぜんぜんダメだったんですよね。

 

KOKIAはデビューして15年くらいになるのかな? 私は10年くらい前に知り合いから教わって以来ファンで、アルバムは全部揃えています。海外での評価が高い割に、日本国内ではあまり評価されていないのでとても残念です。

 

曲のほうは、新しいヤマトに合っているのがまず良いです。剣客モノなのに「そばかすが〜」とかまったく関係ない歌詞だったりすると、嫌気が差しますからね。曲を使わせてもらうなら、世界観にあった作品にするのがプロの仕事ですよ。

 

TV放映版ではまた別のエンディングが使われています。できれば「記憶の光」を使ってほしいです。