読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

VOX MARK3もどきを作る(5)

自作ギター5号機

作業は進んでいないのですが・・・(笑)

 

ボディとネックの塗装が終わり、パーツをつけようかと考えているところです。 

 

f:id:smeagol14:20130512154257j:plain

 

失敗その1

 

f:id:smeagol14:20130512154352j:plain

 

ブリッジを止める木ネジの下穴がズレています。私が持っていたのは10.5mmのもので、このボディにはUSA規格?のものが合うようです。

 

失敗その2

 

f:id:smeagol14:20130512154413j:plain

 

クルーソンタイプのペグをつけるべくドリルで下穴を開けて、ペグをつけようとネジを締めたらネジが中で折れた・・・というやつです。下穴の隣に穴を開けて埋まったネジを出そうとしたら、うまくいかずに心も折れた状態でいます。orz

 

埋まったネジの取り出しは例によって例のごとくNaked Guitar Worksさんにお願いするつもりです。

 

ピックアップはリップスティックやミニハムを試すのも良いかと思っていましたが、弁当箱ザグリにするのに抵抗を感じるので、家に余っているのをつけます。

 

f:id:smeagol14:20130512154445j:plain

 

いつどこで手に入れたか記憶にない謎のシングルコイル。 

 

f:id:smeagol14:20130512154458j:plain

 

PUから出ている線とかPUの裏側を見ると、安物とは違う気がします。

 

Naked Guitar Worksの多田先生と小園先生に見せたら、Fender JapanのTexas Special ではないか?とのことでした。割とパワーがあるみたいです。ちょうど、普通?のストラトもないことですし、ボディもアルダーですから、これでいきましょう。

 

ボディにピックガードを仮置きしてみます。

 

f:id:smeagol14:20130512154602j:plain

 

とりあえずは下の部分を切って使います。まずPカッターで不用な部分を切り落として、それからヤスリで微妙な曲線になるように修正します。

 

それと同時進行で、シールド処理を行います。キャビティに導電塗料を塗ったり、ピックガードの裏にアルミを貼るやつです。(それ以外にもやることはあります)

 

塗装をする前にマスキングテープを貼ります。

 

f:id:smeagol14:20130512170318j:plain

 

 

縁に沿って少しだけ隙間が開くように貼っていきます。これは要するに金属の箱を作るようなもので、ピックガードと接する部分に塗ることでピックガード裏のアルミとくっつけるわけです。 

 

ちなみにマスキングを貼るのを面倒臭がると大変な目に遭います。少しでも面倒だな~と思う人はプロに任せましょう。

 

続きはまた来週!

※導電塗料を買い足すのを忘れていたのは内緒。