Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

楽器作り(1)

パーツの交換から始まって、最近は塗装にまで手を出しているわけですが、なかなか楽しいです。

 

世の中には木の板から楽器を作る猛者がたくさんいます。ブログなどを見ていると、ただただ凄いなぁ~とため息が出ます。「こんなの無理!」とも思います。工具の問題は何とかなるとしても、作業場所の問題がありますからね。

 

我々みたいな素人が楽器を作ろうとするとき、便利なのはキットです。

 

キットで有名なのはHOSCOでしょう。

 

HOSCO:http://www.hosco.co.jp/japan/products/hosco_kit-uke.html

 

ウクレレ、ギター、パーカッションからマンドリンやバイオリンまで揃っています。サイトを見ていたらマンドリンのキットが欲しくなりました。(笑)

 

海外だとダブルネックギターのキットなど、もっと種類は豊富です。それが商売として確立するだけの文化が根付いているのでしょうね。塗装済みのネックやボディのバラ売りやパーツの販売もされています。羨ましいです。

 

私のオススメはキットを買わず、ATLANSIAからネックを、アイチ木材からボディを買い、他のパーツは好きなものを買う、というやり方です。

 

ATLANSIA:http://www.atlansia.jp/

アイチ木材:http://www.aimokukakou.jp/

 

デメリットはストラトかテレキャスしか作れないこと。ボディを他から手に入れるならそれ以外のものも作れますが、ネックポケットがFenderの規格に合っていないと面倒なことになります。

 

この規格というのが非常に非常に厄介なんです。

 

f:id:smeagol14:20130512154352j:plain

 

 

上の画像はわかりやすい例で、ブリッジを止めるネジの間隔がズレています。これはまだかわいいほうで、ネジの間隔が合っていても使えない、たとえばトレモロブロックが干渉してアーミングができなかったり・・・なんてことが起きます。安価なギターに使われる薄いトレモロブロックでもダメな場合があります。

 

ブリッジ以外でもネックポケットの形やらスケールの問題など、いろいろあります。その意味でヤフオクなどでネックやボディを買って作るのは危険で、その危険を冒したくない場合はキットを選ぶべきでしょう。

 

メリットは、余剰パーツが出ないことと、安価でクオリティが高いネックとボディが手に入ることです。

 

ATLANSIAのネックは送料税込で12,000円で、追加料金を払えばヘッドの加工や塗装をしてくれます。研磨は完璧にされている(すぐ塗装に入れます)ので、あとはフレットの処理をするだけです。

 

杢目より信頼性を重視する方にはATLANSIAのネックは最高です。初めて組み込んだときに10~46の弦を張ってチューニングをした後に放置しても、ほとんど反りませんでした。

 

f:id:smeagol14:20130329095141j:plain

 

弾いたときの音の響き方や指板の感触は高級ギターに勝るとも劣りません。ネックを交換しただけで、ここまで変わるのか!と衝撃を受けるほどの違いをATLANSIAのネックを体感させてくれます。ネックはもうATLANSIA以外は考えられません。

 

アイチ木材は有名ですね。エレキギターやベースならおおまかな加工をしてくれます。材やグレードをいろいろ選べて便利です。

 

有名メーカーの安くないギターやベースでも何枚もの板を継ぎ接ぎしていることがあります。バウムクーヘンみたいになってるのをごまかすために裏と表にメイプルの突板を張っているものとか。(笑)

 

アイチ木材なら2Aのアルダーボディが加工賃込で9,800円(ギターの場合)で手に入ります。こちらはヤスリがけをしないと塗装に入れませんが、それほど難しいことではありません。必要なのは根気と丁寧さです。

 

長くなってきたので続きは次回に。