読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

自作ギター4号機の製作(7)

ネックの塗装の続きです。

 

塗装をすべて剥がした後、水拭きをして乾燥、それからジェルカラーニスのクリアを2回塗りました。

 

 f:id:smeagol14:20130518112835j:plain

  

f:id:smeagol14:20130518112847j:plain

 

塗装前と比較してみましょう。

 

f:id:smeagol14:20130517131557j:plain

 

 

撮影条件の違いはありますが、それでもだいぶ違いがあることがわかります。塗装することで杢目がよりはっきり出ますね。

 

ついでに、こないだ塗装を失敗したネック(シーラーを完全に剥がせていませんでした)の塗装も剥いでしまいます。この作業をするときのBGMはSlayerが最適です。

 


Slayer - Angel of Death - YouTube

 

ジェフ・ハンネマンのご冥福をお祈りします。

 

f:id:smeagol14:20130518112708j:plain

 

 

f:id:smeagol14:20130518112657j:plain

 

 木地まで出たら水拭きします。水拭きすることで細かいキズが消えたり、シーラーが剥がしきれていない部分がわかったりします。削りカスを落とす意味もあります。

 

 一本に再度ジェルカラーニスを塗った後、干します。

 

f:id:smeagol14:20130518113431j:plain

 

乾くまでのんびりと待ちます。

 

f:id:smeagol14:20130518133916j:plain

 

 この時期はすぐに乾くから良いです。乾燥後、外したペグを取り付けて、指板にオレンジオイルを塗ります。オレンジオイルはNaked Guitar Worksの小園さんから勧められたHOWARDのものをいつも使っております。これはスグレモノですよ。

 

オイルは綿棒で塗り広げます。塗り広げるのと同時に掃除する感じ? けっこう汚れているのがわかります。

 

もう一本のネック(何に使うんだ?)もジェルカラーニスで塗装します。すると・・・

 

f:id:smeagol14:20130518175522j:plain

 

 シーラーが残っている部分は塗料が乗りません。orz

 

こういうことがあるからリフィニッシュはめんどくさく感じます。知り合いから頼まれても絶対に引き受けません。この面倒くささは体験した人にしかわからないでしょう。

 

塗料が乗らなかった部分は徹底的にヤスリがけします。

 

f:id:smeagol14:20130518180107j:plain

 

金ヤスリも持ってたほうがいいかな~?と思い始めています。

 

この後、塗装をやり直してまた乾燥させます。今日の作業はこれにて終了~。