Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

楽器はまともなリペアショップに出そう

地道?な布教活動が実ってきたのか、仲間たちが浅草のNaked Guitar Worksさんを利用してくれるようになりました。

 

http://nakedguitarworks.com/top.html

 

世の中には数多のリペアショップがあって、楽器店でも一応修理を受け付けているところがあります。楽器店の場合はマージンだけ取ってリペア店に出すところがほとんどで、リペアマンを抱えているところはあまりないような気がします。リペアマンを抱えているところでもリペアをする場所に送る送料がリペア代に加算されて損した気分になります。また、依頼する側の要望が実際にリペアをする側にきちんと伝わらない不安もあります。

 

自分もモノ(プログラムやシステム)を作る仕事をしているわけですが、同業者の中にはいろんな人がいます。使う側から見えない部分は適当に作る人、使う側のことを考えずに「ただ動けばいい」で作る人、言われたことだけしかやらない人、等々。

 

# 言われたことだけしかやらない人は実際は言われたことすらできません。(笑)

 

リペアの世界も同じで、依頼を出すときに自分で気づかない不具合があったとき、指摘してくれるリペアマンはほとんどいません。それどころか、リペアをミスったことを黙って代金はしっかり取るリペアマンもいます。

 

自分の経験ではペグの交換をパーツ持ち込みで依頼したら断られて、リペアマンが指定したパーツにしたらペグ穴を削りすぎてブッシュが固定されないくらい緩くなったことがありました。

 

他にも総合調整を頼んだのにオクターブが合ってないとか、ナットの溝調整が適当で弦の高さがバラバラだったとか、中古ギターのパーツを移植して新品の代金を取ろうとしたとか、配線やハンダ付けが適当すぎたとか、笑い話になりそうな経験は多々あります。

 

その点、Naked Guitar WorksさんはLAOX時代から失望させられた経験がありません。安物だからと馬鹿にしたりせず、リペアやギタークラフトの(金にならない)相談に乗ってもらったり、お世話になりまくっています。

 

こういうお店が正当に評価されて、楽器のポテンシャルが最大に引き出されるようになればいいな〜と思います。

 

最近は自力で何とかする傾向にある私ですが、ピックガードの整形と塗装をお願いしています。ピックガードはMark3もどきのやつで、自力で曲線を描くように削ろうとしたら、ピックガードがダメになりそうな予感がしてお願いしてしまいました。

 

塗装は前に魔改造したリッケンもどきのヘッドを黒く塗ってもらってます。今の塗装の上にラッカーで黒く塗ってもらい、さらにクリアーを吹いてもらうわけです。全体を塗り直すのはさすがにやめました。トップのメイプルとか、すぐ消えてなくなりそうですし。(笑)

 

塗装といえば、手持ちの水色のムスタングを赤く塗るかどうか悩んでいます。中古で買ったほうが安いんでしょうけど、ムスタングは3本もいりません。ケーラーをつけたムスタングなら・・・いやいや、もう買っただめだ。>自分

 

週末はMark3もどきのノイズ対策をやります。