Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

セミアコのレストア

高校に入ってすぐ、父に買ってもらったギターがありまして、いまだに家にあります。画像の下にあるやつがそうです。 

 

f:id:smeagol14:20130530124455j:plain

 

成り行きでバンドに入ることになって、当時はJimmy Pageにはまっていたので本当はLes Paulタイプが欲しかったんです。ところが、当時はLes PaulといえばSlash。流行に乗ったと思われるのが嫌で、このセミアコを選びました。

 

メーカーはSamickです。韓国では有名なメーカーらしいです。買値は確か60,000円くらいだったような。

 

作りはお世辞にも良いとはいえず、ザグリなどは笑えるほど適当です。これを手に入れた数年後にKramerのNeptuneを手に入れてからは改造の練習台になり、就職して音楽から離れてからは倉庫でずっと眠っていました。

 

Kramerはこれ↓です。

 

f:id:smeagol14:20121208134804j:plain

 

 

KramerはNaked Guitar Worksさんでリペアとメンテをしていただいて、現役で使ってます。

 

Mark 3もどきと4号機を作りがてら、セミアコを使える状態にしようと考えているのですが、今のところ構想?しているのは

 

・ペグをマグナムロックにする。

・ナットを牛骨にする。

・ブリッジとテールピースをBABICZのFCH-TOMにする。

・PUをEMGにする。

・ボディの裏をザグってLes Paulのように蓋で閉じるようにする。

 ※配線が面倒なのと電池交換を楽にするため。

 

です。PUはBartoliniも候補にしてます。

 

まぁ、まずはネックやフレットの状態のチェックからですね。