Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

ギターを作るのに必要なもの(部品編) その3

前回はピックアップのところまで書いたんでしたっけ。

 

次はポットです。ボリュームとかトーンに使うやつです。ピックアップがパッシブなら250kか500kを、アクティブなら25k・・・だったはずです。アクティブの場合、EMGならポットは付属してますから悩む必要はありません。

 

パッシブの場合、シングルコイルなら250k、ハムバッカーなら500kをつけるのが一般的と言われています。一般的であって、絶対そうしなければいけないわけではありません。

 

f:id:smeagol14:20121202122328j:plain

 

 

このストラトはボリュームもトーンも500kのポットを使っています。

 

f:id:smeagol14:20130203130818j:plain

 

 

このSGタイプは250kです。比較してみて、どれが好みか選ぶといいでしょう。他にも300kや1Mのポットなんかもあります。

 

ポットはAカーブとBカーブか、国産かUSA製か、という選択肢もあります。配線にこだわるならスイッチポットを買うという手もあります。こんなやつです。

 

f:id:smeagol14:20130616225538j:plain

 

 

セレクタはギターの種類とどんな配線にするかで変わります。ストラトキャスターテレキャスならこんなのを選ぶことになるはずです。おそらく。

 

f:id:smeagol14:20130619121628j:plain

 

 

これまた種類がいろいろあります。USA製のほうがポットと同じく品質は良いらしいです。

 

次はブリッジですか。テレキャスターGibson系のレプリカはそれほど悩まずに済みます。正しい位置に取り付けるのはちょっと難しい(というか失敗すると痛すぎる)ですが。

 

難しいのはストラトキャスターです。こんなやつですね。

 

f:id:smeagol14:20130616225608j:plain

 

 

裏にブロックがついていて、安いと鋳物の薄いやつ、高いやつだと鉄やブラスだったりします。写真の上のほうの6つの取り付け穴、これがだいたい規格が2つあります。そこがあっても、ブロックの部分がボディに干渉してアーミングができない!なんてことがあります。その場合はボディを削れば何とかなる・・・こともあります。何とかならないこともあります。(笑)

 

f:id:smeagol14:20130121125436j:plain

 

 

写真のストラトは合うブリッジが見つからず、予備のパーツがやたら増える結果になりました。(汗) 何とかゴールドのブリッジで合うものが見つかったものの、ブロックの部分がボディと干渉してしまい、アーミングは出来ない状態になっています。

 

また、ストラトはボディ裏のスプリングを引っ掛けるハンガーを取り付ける作業が面倒です。どうしても自力でやりたい場合はシャーラーのテンションコントローラーを使うといいでしょう。これなら特殊な工具を使わずに取り付けられます。

 

f:id:smeagol14:20130619123019j:plain

 

 

とりあえず、これくらい揃えて工具なども揃えればギターは作れる・・・はずです。