読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

VOX MARK3もどきを作る(9)【完】

やっと完成しました。

 

f:id:smeagol14:20130427121510j:plain

 

Brian Jonesが使っていたVox Mark IIIっぽいのを作ろうと思いついたのが今年の四月で、三ヶ月くらいかかりました。(実際に作業した時間はかなり短いです)

 

まずは、日頃からこんな素人の相談に乗ってくださっているNaked Guitar Worksの多田さんと小園さんにお礼を言いたいです。お二人の存在、お店がなければこのギターは生まれませんでした。ありがとうございました。

 

まずは全体から。もう少しストラト色?を減らせばよかったと思ってます。ヘッドもオリジナルに忠実な感じにすればよかったかな~。こっちのほうがヘッドにチューナーをつけやすいんですけどね。

 

f:id:smeagol14:20130706123114j:plain

 

ヘッドはいつものやつを貼りました。いずれオリジナルのロゴというかマークも考えます。このネックは数年前から使われずにいて、やっと出番がきました。何度も塗装をやり直したからか、杢目の出方が面白いです。

 

f:id:smeagol14:20130706123127j:plain

 

ネックの裏側。何も入ってません。ペグはPlanet WavesのAuto Trimにしました。ペグとしてはゴトーのほうがはるかに良いです。

 

f:id:smeagol14:20130706123238j:plain

 

ボディは2ピースのアルダーが使われています。色はグリーンにブラウンを混ぜています。ブラウンは隠し味みたいなもんです。塗装に関しては自己採点で65点ですかね。

 

ピックガードはFenderのを加工、ピックアップはFender Texus Special、ブリッジはFender、コントロールはSonicのTurbo Blender、ジャックはSwitchCraftを使ってます。

 

意外と評判が良いノブはALLPARTS JAPANのBRASS KNOB CHROMEを使っています。これはミリでもインチでもいけます。

 

f:id:smeagol14:20130706123143j:plain

 

ネックプレートはFreedomのTone Shift Plateを使ってます。最初からこれをつけたので効果はいまいちわかりません。いろいろ悩んだストラップピンの場所は小園先生のアドバイスに従って写真の通りになりました。

 

f:id:smeagol14:20130706123301j:plain

 

 

ボディ裏側。杢目がそれなりに見えるのがわかるかと思います。バックパネルは私にしては珍しく、つけるのをやめました。ハンガー部分はSchallerのSure Clawを使ってます。これは取り付けが(センターをきっちり合わせれば)非常に容易で調整もレンチ一本でできるスグレモノです。

 

f:id:smeagol14:20130706123316j:plain

 

知り合いの音楽仲間達に試奏をしてもらったら、座って弾けないことを除けば高評価でした。なんと、ベースの注文までもらってしまいました。(汗) さっそく、仕様の調整をして作り始めようと思います。

 

音のほうはノイズがやや気になるものの、フロント→センター→リアの各ポジション(ハーフトーン含む)で音色の変化がはっきり感じられます。今まで使ってきたギターの中で一番かもしれません。これは意外でした。

 

まぁ、今は、何より、形になった満足感でいっぱいですね。

 

最後に手持ちのストラト(これもいずれ手を入れたいです)との比較。

 

f:id:smeagol14:20130706135656j:plain

 

 

ストラトを削っても作れません!(笑)