Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

モズライトを試奏してきた

 昨日、5号機(Mark Vと呼ぶことにします)を入院させた帰りに錦糸町まで行って、モズライトを試奏してきました。 

 

f:id:smeagol14:20130728172806j:plain

 

 

モズライトといえば加山雄三さんや寺内タケシさん、ベンチャーズが使っていたことで有名ですね。私はベンチャーズが好きだったのでモズライトにも興味を持ってました。

 

モズライトって、おかしなことになってるんですね。

 

http://www.mosrite.jp/

http://www.mosrite.co.jp/

http://www.kurokumo.jp/index.htm

 

国内では3社から売られている!? 一番上のが創設者の奥さんが関わっていて、真ん中は娘さんが関わっていて、争っているんだとか。私が弾いたのは一番下の黒雲製のものでした。

 

結論から書くと、現在売られているモズライトはすべてレプリカで、オリジナルに盛り込まれている技術が盛り込まれていないようです。USA製とか宣伝して実はほとんど他で作っている・・・なんて話は他の有名ブランドも同じなのでツッコむ気にはなりませんが、Gibson Les Paul Standardが買える金額で粗悪品を生産国を偽装して売っているところもあるそうなので、気をつけたいところです。

 

私が試奏したのは18万円くらいのモデルです。店にあった中では一番安いです。安いといっても、高いですよね。

 

ギターとしては作りは悪くなく、ボリュームとトーンのポットも良いパーツを使っている感じでした。ネックも薄めで弾きやすいです。

 

一番の特徴はトレモロユニットのタッチの軽さでしょう。ビグスビーのマイナーチェンジ版だとばかり思っていたら、まったくの別物でした。とはいえ、黒雲製のはオリジナルと機構的に別物らしいんですがね。

 

とまぁ、試奏したときは割高だけど良い!と思ったけれど、ブランドの歴史と現在を知ったら買う気が失せたというお話でした。

 

自分で作るのが一番ですね。