読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

Sterling by Musicman JP50 SBK

機材レビュー

音楽仲間にSquierのTelecaster Deluxeを譲ったら、前に譲ったギターが戻ってきました。

 

 Sterling by Musicman JP50の2010年に発売された限定モデルです。

 

真っ黒!

 

f:id:smeagol14:20130811125943j:plain

 

 

だいぶ使い込まれてました。ギターとしては幸せでしょうね。

 

ヘッドはオリジナルと同じ形です。このヘッドの形はFenderのギターと同じくらい良いデザインだと個人的に思ってます。ペグのポストからナットまで角度がついていないのが特に良いです。 

 

f:id:smeagol14:20130811125958j:plain

 

 

何がなんだかわからないボディ。(笑) PUセレクターの位置が悪いです。いずれボリューム、セレクター、トーンの並びにします。たぶん。・・・また手放さなければ。(ぇ 

 

f:id:smeagol14:20130811130011j:plain

 

ブリッジはリセス加工がされていて、アームアップができます。 

 

f:id:smeagol14:20130811130040j:plain

 

 

基本的には良いギターだと思います。作りも丁寧で弾きやすいです。

 

残念なのは、ピックアップが良くないこと。クリーントーンはフロントもリアもダメですね。少なくとも私は嫌いです。歪ませると・・・まぁまぁといったところかな。

 

というわけで、気が向いたらピックアップをLace DeathbuckerかDimarzio Liqui Fire / Crunch Labに交換して、ボリュームとPUセレクターの位置を変えてみます。

 

手放さなければ。(笑)