Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

フレットレスベース製作(5)

こないだ仲間が作った1ピースメイプルネック、1ピースアルダーボディのストラトを弾かせてもらいました。 

 

今まで、ボディのピース数なんて関係ないと思ってきました。ネックが一番大事だろうと。アッセンブリーはFender USAのアメスタからそのまま移植してあって、移植元のギターも知ってるのですが、かなり違いを感じました。まずボディの鳴りというか、振動の響き方がぜんぜん違います。

 

とはいえ、楽器はセッティングやアンプなども含めたトータルバランスが大事なのであって、ボディのピース数が出てくる音にどう違いを生み出すかは私にはまだわかりません。もう少し実験が必要でしょう。

 

さて、フレットレスベースの続きです。ボディをBRIWAXのウッドダイで着色してジェルカラーニスとXotic Oil Gelで仕上げた後、仮組みしてみました。

 

f:id:smeagol14:20131008104233j:plain

 

 

ボディが小さめで軽量なのでストラップピンの場所は工夫しました。いわゆるヘッド落ち対策です。バスウッドは心配になるくらい簡単に穴が開きます。

 

f:id:smeagol14:20131008104245j:plain

 

 

エンド部分のストラップピンは普通につけます。ジャックは猫の目みたいな形のプレートにしました。

 

f:id:smeagol14:20131008104259j:plain

 

 

ジョイントプレートはいつものFreedomのやつです。ネジは何となく黒にしました。画像で見るぶんには塗装はうまくいってるように見えますね。

 

f:id:smeagol14:20131008104320j:plain

 

この後、パーツをすべて外してサイドの部分だけ研磨と塗装をやり直しています。

 

最近、ジェルカラーニスだけでなくXotic Oil Gelを使うようになりました。塗りやすさはどちらも同じで、ジェルカラーニスは着色も同時に行えます。

 

違いは臭いと塗膜の強さで、ジェルカラーニスはもろにシンナーの臭いがします。完全に硬化した後の硬さは、ゴムというかビニールというか、ある程度の強度と柔軟性を併せ持っています。

 

Xoticのほうは値段がジェルカラーニスより高めで、着色はできません。だがしかしで、非常に塗りやすく、臭いもきつくありません。乾燥も早いです。塗膜の硬さはかなりのもので、Oil Gelを染み込ませて放置したウェスはカチカチになってました。

 

ネックの仕上げや柔らかい材のボディの仕上げにはXoticのOil Gelを使ったほうが良さそうです。ネック裏に使うとさらさらになって気持ちいいですよ。

 

次は・・・パーツの選定ですかね。そうこうしているうちにSteinbergerの組み込みが始まりそうです。