Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

TremKingの取付(1)

木工の師匠のKさんが自作ギターのブリッジを選んでいる時に見つけたのがTremKingでした。

 

f:id:smeagol14:20131011130955j:plain

 

構造的にはシンクロナイズド・トレモロに似ています。異なるのはTremKingはブリッジプレートとサドルがアーミング時に動かないことです。つまり、弦高は常に一定になるわけです。

 

アームアップをするためにフローティングさせる必要はなく、見た目もあまり変わりません。日本国内で買うとちょっと割高ですが、直接買えば1万円以上安くなります。送料込みでも直接買うほうが安いです。

 

問題は、ボディをザグる必要があること。

 

TremKingはいわゆるトレモロブロックが動くことで音程が変わるのですが、そのままだと干渉してしまうんです。なのでボディの裏からトレモロキャビティを削るのですが、どこをどれくらい削ればいいかがいまいちわかりません。また、トレモロブロックとテンションバーの調整方法もいまいちわかりません。

 

f:id:smeagol14:20131011131039j:plain

 

f:id:smeagol14:20131011131051j:plain

 

というわけで、ブログでこれをネタにしていたリペアショップに取付をお願いしてみました。一本取り付けてしまえば後は何とかなります。

 

9/21に依頼をして、出来上がりは10月上旬と言われました。上旬といえば10日までを指します。つまり、明日までです。

 

今のところ連絡はありません。

 

どうなることやら・・・