読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

Telecaster Thinlineの製作(2)

塗装が終わったネックにXotic Oil Gelを塗ります。今回は4回塗りました。 

 

表からは普通のメイプルネックに見えます。

 

f:id:smeagol14:20131127114118j:plain

 

裏はこんな感じ。ジェルカラーニスより塗膜は硬くなります。ジェルカラーニスは2回塗りでしあがるので時間がないときは良いです。ただし、臭いがきつめで乾燥に時間がかかります。また、つやはほとんど出ません。

 

f:id:smeagol14:20131127114122j:plain

 

乾燥させた後、ペグをつけます。ペグはPlanet WavesのAuto Trimが余っていたのでつけました。取り付けネジの穴も適当に開けられていました。(笑)

 

f:id:smeagol14:20131127144024j:plain

  

続いて、指板に雑に塗られていたシーラーを#320のヤスリで丁寧に剥がしていきます。光に当てて完全に剥がれたことを確認してからXotic Oil Gelを塗っていきます。

 

f:id:smeagol14:20131127151102j:plain

 

ネックはこの後、ジョイント部分のネジ穴を開け直して、ナットを作って、フレットのすりあわせをしておしまいです。・・・一応、予備のネックも用意してあります。

 

ボディはトップにBRIWAX Water Based Wood DyeのLight Oakをガン吹きしてもらいました。一応、ワシンの水性ステインを用意して端材で試し塗りしてみたら、質感がいまいちでサイドとバックと同じBRIWAXにしました。

 

f:id:smeagol14:20131127153925j:plain

 

乾燥するとだいぶ色合いが変わってきます。ピックガードは白の1Pにして、ピックアップはGuitar FetishのREDactivesの白いハムにする予定です。ブリッジはとりあえず付属のものを使い、サドルだけ交換します。

 

f:id:smeagol14:20131127153924j:plain

  

ネックと同様、ジョイント部分のネジ穴を開け直しますが、大事な部分なのでNaked Guitar Worksさんにお任せします。

 

来月中にはできあがるかな?