Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

フレットレスベース製作(7)

 5月から作り始めて、やっと完成しました。

 

まずは全体像から。

 

f:id:smeagol14:20131201191251j:plain

 

 

 暗くてすいません。(汗)

 

ネックはATLANSIAに注文したやつです。ヘッドは普通?のJazz Bassと同じ感じ・・・なはずが、ナットからヘッドのトップまでの落差が薄いようです。テンション感が若干変わります。

 

f:id:smeagol14:20131201191307j:plain

 

 今回の最大の失敗は、ネックの着色をきちんとやらなかったことです。生地調整後にいきなりジェルカラーニスのウォルナットを塗ったら中途半端な感じになりました。

 

指板はローズウッドの上からウレタンでコーティングをして、テカテカにしてあります。サイドにはSteinbergerのベースと同じようにフレットが打たれる部分にポジションマークが入れてあります。黄色い部分は光ります。

 

f:id:smeagol14:20131201191326j:plain

 

ピックアップの配列はいわゆるPJタイプになってます。GFSのアクティブピックアップは音の粒立ちが良い感じがして好みです。フィンガーレストは女川フィッシュを自分で加工して使いました。 曲線が指のカーブにぴったりで、かなり良いです。

 

f:id:smeagol14:20131201191344j:plain

 

コントロールは2V1Tでノブは木製です。タイガーウッドだそうです。そのうち表面のクリアー層を剥いでオイルを塗り直そうかと考えています。ちょっとテカテカしすぎです。

 

f:id:smeagol14:20131201191352j:plain

 

ブリッジはピックアップと同じくGuitar Fetishで買いました。ネックとボディはともかくとして、パーツに関してはコストパフォーマンスが高いものが多いです。

 

f:id:smeagol14:20131201191405j:plain

 

裏側はシンプルです。ジョイントプレートはいつものやつで、ネジだけ黒にしました。電池はキャビティ内をザグってうまく入るようにしました。

 

f:id:smeagol14:20131201191420j:plain

 

ネックの塗装で失敗してはいるものの、満足度は今までで一番高いです。ボディを小さめにしたことでバランスが悪くなるかと思ったら、ヘッド落ちすることはなく、重量が軽いこともあって、弾きやすさしか感じません。

 

ただ、このベースは弾き手を選びます。何人かに弾いてもらったら、普通に弾きこなす人と違和感を感じる人に分かれました。ラインがないこととポジションマークの位置が違うことで戸惑うのかもしれません。

 

今、頼まれているギターとベースが完成して、Thinlineタイプが完成したら、次はカホンウクレレ作りに手を出そうと思っています。・・・そろそろ置き場所がなくなってきました。(笑)