Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

HENNESSEYストラップロック(1)

皆様、あけましておめでとうございます。

 

しょうもないブログを読んでいただきありがとうございます。アクセス数をたまに見ると驚きます。少しでも役に立つような情報を発信できればと考えております。

 

さて、2014年最初のネタはストラップロックです。ストラップの着脱を簡単にするやつですね。プラ製の簡易なものからアルミ製のものまでいろいろあります。

 

私はずっとシャーラーのを使っていて、ダンロップに浮気してからはストラップロック自体使わなくなりました。今回は島村楽器にあったHENNESSEY社製のストラップロックを買ってみました。

 

まずは見た目から。ダンロップのになんとなく似てます。 

f:id:smeagol14:20140102214400j:plain

 

 

外すのは簡単で上の部分を回すとあっさり外れます。 

f:id:smeagol14:20140102214514j:plain

 

ストラップを挟んで外したパーツをつけるだけなんですが、このストラップロックの良いところは、ストラップの穴を広げないでいいところにあります。

f:id:smeagol14:20140102214548j:plain

 

この通り、ストラップが歪まずにきれいに取り付けられます。

f:id:smeagol14:20140102214644j:plain

 

 

続いて、本体側にピンを取り付けます。ダンロップのはネジ穴を開け直す必要があります(ギターによる?)が、これはそのままで大丈夫でした。 

f:id:smeagol14:20140102214842j:plain

 

取り付けた状態。ちょっとごつい?

f:id:smeagol14:20140102214948j:plain

 

 

ボディエンド側にも取り付けます。 

f:id:smeagol14:20140102214852j:plain

 

ピンが少しボディに埋まるように加工しようかと思いましたが、ほとんど埋められないのでやめました。

f:id:smeagol14:20140102215002j:plain

 

 

懸念点としてはストラップを留めるネジの部分が緩むことが挙げられます。これは様子を見るしかありませんね。

 

他社のものより取り付けが簡単で、何よりストラップの穴にぴったりなのは良いです。厚手のストラップでもたぶんいけるでしょう。

 

次回はHENNESSEY社のもう少しシンプルなストラップロックをレビューします。