読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

2014/1/12 Open Road Guitar Festival Vol.2 @ 浅草KURAWOOD

ライブレポート

昨日は浅草KURAWOODで行われたOpen Road Guitar Festival Vol.2に出てきました。前回と同じく、ALEX IT WORKSのメンバー?として出ました。

 

※ALEX IT WORKSはバンドではありません。

 

f:id:smeagol14:20140113124054j:plain

 

今回は自作5号機をメインに、4号機をサブで持っていきました。エフェクターはトーカイのコンプをBOSSのコンプに、DanelectroのエコーをTC ElectronicのFlashback Delayに交換しました。

 

セットリストは以下の通り。

 

・Hotel California / Eagles

・プルシアンブルーの肖像 / 安全地帯

・ワインレッドの心 / 安全地帯

・じれったい / 安全地帯

・黒く塗りつぶせ / 矢沢永吉

・止まらないHa〜Ha / 矢沢永吉

・ファンキーモンキーベイビー / キャロル

 

とりあえず、Hotel Californiaはもう歌うのも弾くのももういいかな~。何人かの仲間からももう飽きたと言われてますし、コーラスとツインリードがこの曲の特徴(バンドの特徴でもあります)で、その部分の詰めがいまいちなままで演奏を続けるのは、不味いとわかってて料理を出すのと同じで精神的に辛いものがあります。

 

安全地帯はちゃんと聴いたことがなく、今回初めてまじめに聴きました。このバンドもツインリードが売りですが、今回は私はリードパートはなしで、キーボードパートとサイドギターを混ぜて弾きました。ワインレッド~ではタッピングハーモニクスなんぞやってみたものの、全体の音のバランスが悪かった(もう一本のギターの音が大きすぎた?)ようで客席では聞こえなかったようです。(笑)

 

矢沢永吉は・・・これまた私が聴いていない音楽でした。このライブのためにベスト盤を買ったり、YouTubeで動画を観て勉強をしました。単純なロックかと思ったら、かなり凝ったことをしてますね。

 

本当はここでゲストボーカルを呼ぶはずが、知人が亡くなったために急遽不参加となり、大ピンチに。しかし、対バンやお客さんの中に熱狂的な矢沢永吉ファンがいて、急遽歌ってもらいました。

 

”黒く~”は対バンのベーシストの方(上の画像に写っている方)に、”止まらない~”は錦糸町六弦の常連さんに、”ファンキー~”は主催者のジョニーさんに歌っていただきました。下の画像は”止まらない~”をやってるときのもので、初めてライブハウスのステージで歌ったとは思えないくらいのパフォーマンスでした。六弦のスタッフのハルさん曰く、「矢沢慣れしている」とのことで、妙に納得してしまいました。(笑)

 

f:id:smeagol14:20140113124053j:plain

 

 反省点としては、全体としていろいろな意味でバランスが非常に悪かったですね。音量や演奏(ギターのバランス)、選曲等々。個人的にはモチベーションのコントロールが難しかったです。お客さん達からも「もっとギター弾けばいいのに」とか「あなたがメインボーカルのライブを観たい」と言われて、ちゃんとバンドを組もうと改めて思いました。

 

しばらく、バンド形式も含めてライブをやることはないと思われます。基本的に自分の中にライブをやりたいという気持ちはありません。練習やリハなどで費やされる時間に見合うものが得られることって、あまりないですからね。人前に出たいとか、目立ちたいとか、注目を浴びたいという欲がないことも影響しているかもしれません。

 

というわけで、新バンドの活動をのんびりとしながら、また製作と改造の日々に戻ります。