読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

Telecaster を作る。(2)

自作ギター10号機

去年は「ギターは買わない」宣言をした数日後にギターを買いましたが、今年は珍しくまだ買ってません。こないだのライブで自作ギターの音を褒められたのが大きい・・・というか、どうせ完成品を買っても魔改造しますからね。それなら自作したほうが塗装も楽しめて良いです。

 

今年は注文を受けているギターやベースを作る他に手持ちのSquier '51やLegendのMustangレプリカのアッセンや金属パーツを移植する形で自分用のギターを作ろうと思います。それなら本数はプラマイゼロになります。(笑)

 

Telecasterの続きです。ピックガードはべっ甲を使うことにしました。 

 

f:id:smeagol14:20140120150447j:plain

 

裏にアルミテープを貼っていきます。今回は割ときれいにできました。よく切れるカッターで余分な部分を切ることと、端を丁寧にヤスリがけするのがポイントです。

 

f:id:smeagol14:20140120150446j:plain

 

ボディには導電塗料を塗っていきます。今回も水性のやつを使いました。臭いも少なく、筆を水洗いできるのが良いです。ピックガードやジャックプレートに触れる部分にも厚塗りするのが大事です。PUセレクターやポットが当たると音が鳴らなくなるので注意しましょう。(その場合は布か何かを挟めばOK)

 

f:id:smeagol14:20140120150448j:plain

 

ド派手なストラトについていたアッセンブリーを移植します。ド派手なストラトはいずれHR/HM専用なギターに作り変える予定です。ポットは国産を選んだはずが、太さが合わないのでリーマーで広げました。リーマーはAmazonで1000円くらいのを買いました。

 

f:id:smeagol14:20140120150445j:plain

 

裏側から見たところ。

 

f:id:smeagol14:20140120150449j:plain

 

 

この後、ボディと合わせたらPU部分のザグリが浅く、はまりませんでした。これだとスタックタイプのシングル(Fenderのノイズレスとか)も高さが足りなくなるはずです。

 

高さ調整用のネジが当たる部分だけドリルで掘る手やネジを短く切る手、短いネジを買う手もありますが・・・別に急いでいるわけでもないので少し悩んでみます。

 

下にスポンジを敷いてダイレクトマウントにしてしまうのもいいかも?