読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

Telecaster を作る。(4)

自作ギター10号機

 

 

というわけで完成です。

 

f:id:smeagol14:20140301130724j:plain

 

 

緑色のギターばっかだな!(笑)>自分 

 

今回はうっすら緑な青にしようとして盛大に失敗していつもの色になりました。あまりこういった仕上げのギターは見かけないので、これはこれで自分のトレードマークみたいになって・・・と言い訳ばかり思い浮かぶのは年をとった証拠でしょうか。

 

ヘッドはこんな感じに。ロゴがあるといいですね~。今回はゴールドパーツが”ヘッドに関しては”くどくない気がします。ストリングガイドはゴールドは避けてグラフテックのものを使いました。けっこうこれは良いです。ナットは無漂白牛骨ナットです。

 

f:id:smeagol14:20140301130741j:plain

 

ネックはXotic Oil Gelを5回?くらい塗って、最後に軽く研磨しました。3Mのスポンジヤスリのウルトラファインとマイクロファインだけ使います。コンパウンド類は持ってますが使いません。それでもこれくらいツヤツヤにはなります。ジェルカラーニスではこうはいきません。

 

f:id:smeagol14:20140301130759j:plain

 

 

ボディは結局、ザグリを深くしました。PU自体、高さがあって取り付けができませんでした。あと、Naked Guitar Worksの小園さん曰く、ブリッジの弦を通す穴の位置が少しブリッジ寄りなんだそうです。

 

このギター、ボディの塗装後に実は大失敗しまして、ジャック部分のザグリに導電塗料を塗った後、拭き取ろうとして・・・ジャックの周りが心なしかテカテカしています。塗り直すかどうかかなり悩んで、自分で使うからと妥協しました。

 

人から頼まれたギターなら塗り直します。泣きながら。

 

f:id:smeagol14:20140301130830j:plain

 

ボディの裏は自画自賛したくなるくらいの仕上がりになってます。使ってるときは見えない部分ですが。ブッシュも妥協してゴールドではなくクロームになってます。・・・見えない部分だからいいんです。

 

f:id:smeagol14:20140301130849j:plain

 

 これで自分用のギターは作るのはやめて、知人や音楽仲間に頼まれた分と押し付ける分の製作に入ります。

 

現在進行中のベースの製作の他に、錦糸町六弦の三周年を記念してFender Esquierを自分なりにアレンジしたギターを作ります。