Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

Epiphone ES-339 Pro Mod

出戻ってきたギターを改造してみたので紹介をば。EpiphoneのES-339 Proです。けっこう安く売られてますね。

 

f:id:smeagol14:20140301130954j:plain

 

ペグはPlanet WavesのAuto Trimをつけました。違和感あるかな?と思いきや、意外と合うような気がします。真っ黒なヘッドだったら違和感あるでしょうね。ナットは牛骨にしてもらいました。このギターにつけるにはMartin用のサイズを用意する必要があります。

 

f:id:smeagol14:20140301131005j:plain

 

 

裏から見るとちょっと違和感がありますね。ペグ穴が9mmだったらマグナムロックにしたのに。コンバージョンブッシュでマグナムロックに合うやつってあるのかな?

 

f:id:smeagol14:20140301131017j:plain

 

 

セミアコの好きなところはボディ裏の曲線。このギターに関しては、戻ってきたことに感謝してます。

 

f:id:smeagol14:20140301131033j:plain

 

 

テールピースとブリッジは前にも書いたように交換してあります。テールピースは高めにしてFixerで固定、ブリッジはナッシュビルタイプに交換しました。ブリッジはローラータイプなら溝切りなしでポン付けできるかも。

 

f:id:smeagol14:20140301131123j:plain

 

 

ノブの下にはポットポインターをつけました。Gibson系?にはこれがないと!・・・と個人的には思っております。

 

f:id:smeagol14:20140301131139j:plain

 

 

コンデンサーはGibson Les Paulと同様にGUDEMANの0.01μFをフロントに、SpragueのVitamin Qの0.022μFをリアにつけました。この組み合わせは非常に良いです。絞ったときの変化の具合、音の変わり方が好みです。トーンを使う人にはぜひ試していただきたいです。

 

ナット、ブリッジ、ペグの交換とテールピースの調整と固定、コンデンサーの交換をしたらピックアップの交換は不要と判断しました。十分に好みの音が出ています。

 

ちなみに、このギターは配線周りの作業は非常にやりづらいそうです。ボディが小ぶりになってることも影響しているんでしょうね。ボディの厚みの関係でトーンにスイッチポットを使うのはほぼ不可能で、リペアマンによっては作業料を余計請求してきたり、失敗したりなんてこともあるかもしれません。