Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

フレッテッドベースの製作(4)

入手したボディがどれも割れてしまい、気候も寒くなったために作業が中断しましたが、春がきたので再開します。

 

入手済のネックとボディはクラフト仲間の手で塗装してもらってますが、私は私でネックとボディを手に入れて作業を進めています。

 

MorrisのAir Bassのネックとボディです。ネックは塗装途中、ボディは木地調整前の状態です。この状態で手に入るのは珍しいです。

f:id:smeagol14:20140409113519j:plain

 

 かなり長い間放置されていたのか、汚れが酷く、マスキングテープも凄いことになってました。

f:id:smeagol14:20140409113524j:plain

 

まず全体をスポンジヤスリで研磨して、指板全体にこびりついたテープの糊は中性洗剤とナイフを使って落とした後、オレンジオイルを塗ります。とりあえず塗装は落としません。

 

ボディは表と裏をサンダーで入念に削り、サイドやカッタウェイの部分は手で地道に研磨します。

f:id:smeagol14:20140409113520j:plain

 

 カッタウェイの部分は荒目のスポンジヤスリでなだらかになるまで削ります。

f:id:smeagol14:20140409113521j:plain

 

 研磨後、配線用の穴を6.5mmのドリルで空けます。ザグリの部分は後できれいにします。

f:id:smeagol14:20140409113523j:plain

 

 

とりあえず?墨汁で染めてみました。本来なら塗りつぶしたいところですが、まずはいつもの塗り方で。

f:id:smeagol14:20140409113522j:plain

 

墨汁は3回ほど塗り重ねました。水性ステインよりきれいに染まる気がします。

f:id:smeagol14:20140409113518j:plain

 

 完全に乾燥してから、研磨せずにジェルカラーニスを塗ります。このまま数日放置してからまた塗ります。今回は3回ほど塗り重ねてみます。

f:id:smeagol14:20140409113525j:plain

 

 

塗装後、ネックと組み合わせてみて違和感がなければそのまま組み込みに入ります。完成は来月のはじめくらいかな?