Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

ハードテイルなストラト(1)

数年前にSquierからBulletのノントレモロが発売されてまして、ボディがありえないくらい軽くてよかったんですよ。ヤフオクで落とした後、Fenderのネックをつけたりして今は錦糸町の六弦で毎日使ってもらってます。

 

譲った後に後悔して、もう一本買おうかと思っていたら既に廃盤で、中古でも見かけることはなく諦めかけていたら・・・違うロゴで売られていました。(笑)

 

ちょうど、クレジットカードのポイントが貯まっていて、それをAmazonのギフトカードに交換したら無料で手に入れることができました。

 

というわけ?でさっそく手を入れていきます。今回、ボディとブリッジのプレート以外はすべて交換します。サウンドハウスその他からパーツを買いました。 

f:id:smeagol14:20140611143519j:plain

 

CTSのポット、PUセレクター、TUSQのサドル、マグナムロック、ToneRiderのPUその他です。

 

まずはサドルを交換していきます。一世代前のSquier '51に使われていたものとまったく同じブリッジです。

f:id:smeagol14:20140611143749j:plain

 

今回は面白半分でTUSQをつけました。使っている人を見たことがないパーツって興味がわ・・・くのは私だけですか。

f:id:smeagol14:20140611144638j:plain

 

ジャックはクライオ処理されたミリタリースペックのものを買いました。まぁ、気分的なものです。

f:id:smeagol14:20140611145021j:plain

 

すんなりつきました。

f:id:smeagol14:20140611145151j:plain

 

次はピックガードを外します。見事なまでに弁当箱です。そして、謎の粉が溜まってます。バリなどはすべて取って、きれいに掃除してから導電塗料を塗ります。そのときはブリッジは外します。

f:id:smeagol14:20140611145439j:plain

 

ピックガードはそのまま使いまわすことにしたのでパーツを外していきます。アッセンブリーは安物にありがちな感じです。

f:id:smeagol14:20140611145703j:plain

 

アルミテープを貼っていきます。相変わらずNITOMSのを使っています。

f:id:smeagol14:20140611150532j:plain

 

縁が数ミリ重なるように貼ってから

f:id:smeagol14:20140611150912j:plain

 

カッターで余分な部分を丁寧にきれいに切り取っていきます。ピックガードを削らないよう注意です。

f:id:smeagol14:20140611160753j:plain

 

ピックアップなどをつけていきます。

f:id:smeagol14:20140611161727j:plain

 

ポットはそのままではつかないのでリーマーで広げました。

f:id:smeagol14:20140611162825j:plain

 

 今回、フロントとリアのミックスも選べるようにするため、スイッチをつける場所を考えるために仮組みしてます。

f:id:smeagol14:20140611162808j:plain

 

このボディは普通のストラトより薄いからか、仮組みをしたらPUセレクターが入りませんでした。背の低いタイプにするか、さらにザグリを入れるかしないと・・・

f:id:smeagol14:20140611164225j:plain

 

次はネックの塗装(ほぼ終わってます)とペグの組み込みその他ですかね。