Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

Gibson SGJ 2014の改造(1)

 Gibsonの安ギター、SGJの2014年モデルをいじっていきます。

 

まずはペグの交換から。私はロック式が大好きなのでだいたい交換します。

f:id:smeagol14:20140704113043j:plain

 

Tronical Tune(自動チューニングシステム)をつけようかな~と一瞬考えましたが、ネジ山の潰れ方が異常すぎるのでマグナムロックを買いました。隣にあるのはマグナムロック用のコンバージョンブッシュです。

f:id:smeagol14:20140704111014j:plain

 

クルーソンタイプはネジ穴が9mmが定番ですが、このペグは10mmでないとつけられません。コスト削減のためですかね? このペグも悪くはないです。

f:id:smeagol14:20140704114414j:plain

 

ペグを外していきます。

f:id:smeagol14:20140704114358j:plain

 

ペグ穴が広めなのがわかりますね。

f:id:smeagol14:20140704114348j:plain

 

まずはブッシュをつけます。今回はポップギターズさんからPOPTUNE PTM200RN/Nというブッシュを買いました。ほんの少しだけリーマーでペグ穴を削った後にペグ穴にアロンを染み込ませて取り付けました。

f:id:smeagol14:20140704115503j:plain

 

取り付け後。マグナムロックのポストとブッシュがぴったり合ってます。ロッドカバーはいずれ交換します。

f:id:smeagol14:20140704120948j:plain

 

ヘッドの裏側。ペグを固定するネジ穴は開け直す必要はありませんでした。

f:id:smeagol14:20140704120933j:plain

 

続いて、キャビティその他の処理をしていきます。テールピースのスタッドが外れているのはアース線がただの針金(笑)で、交換するからです。

f:id:smeagol14:20140704132926j:plain

 

木地がむき出しでザグリも雑すぎるのでヤスリやカッターできれいにしていきます。 

f:id:smeagol14:20140704132911j:plain

 

キャビティ内をきれいにした後、いきなり導電塗料を塗らずにウレタンニスを塗ることにしました。単に思いついただけでこれが正しいかどうかわかりません。

f:id:smeagol14:20140704135958j:plain

 

マスキングテープをはってから中にウレタンニスを塗っていきます。軽~く塗る感じです。・・・この後、ウレタンニスを盛大にこぼして大惨事になりました。

f:id:smeagol14:20140704140405j:plain

 

床にこぼれたウレタンニスの処理をしている間にピックアップ側が乾いたのでコントロールキャビティにも塗ります。

f:id:smeagol14:20140704143401j:plain

 

フタにもアルミテープを貼ります。この作業は大好きです。

f:id:smeagol14:20140705113234j:plain

 

一日乾燥させた後、導電塗料を塗ります。ウレタンニスを塗ったからか、導電塗料が吸い込まれずに少なめの量で塗装出来ました。

f:id:smeagol14:20140705122424j:plain

 

続きはまた来週~