読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

Gibson SGJ 2014の改造(2)

前回は コントロールキャビティに導電塗料を塗ったところで終わり、そのまま順調に・・・いきませんでした。(笑)

 

親がボディの裏に何かをこぼし、それを除光液で拭き取ったら・・・木地がむき出しに。Fadedフィニッシュの塗装の薄さは凄いですね~。嫌がる人の気持ちがよ~くわかりました。

 

というわけで、サンダーでボディのバック部分を削って、ポアーステインのワインレッドを一度塗ります。

f:id:smeagol14:20140706121527j:plain

 

周りと色が違うのはわかってます。ステインが完全に乾燥してから、アサヒペンのジェルカラーニスのパインを一度塗り、乾燥してからジェルカラーニスのウォルナットを塗ると・・・

 

 こうなります。

f:id:smeagol14:20140706135748j:plain

 

 思いつきでやった割にはうまくいきました。しかし、この手の仕上げがされていて、ボディー材がマホガニーの場合は何かしら対策をしないとまずそうですね。ボディのところだけ後でコーティングするかもしれません。

 

予想外の回り道をした後、導電塗料を塗っていきます。ピックアップキャビティは一度だけ塗ります。コイルタップでもしない限り、ノイズ対策はいらない気もします。 

f:id:smeagol14:20140707114310j:plain

 

乾燥後、ピックアップを組み込みます。今回はToneriderのRock Songを使います。ここのピックアップはバランスが良くて気に入ってます。

f:id:smeagol14:20140709115342j:plain

 

ただの針金だったアース線を普通?の線に変えて差し込みます。

f:id:smeagol14:20140709115349j:plain

 

 Guitar Worksさんから買ったテールピースとFixerを取り付けます。

f:id:smeagol14:20140709115844j:plain

 

 テールピースはこの高さにするのが好きです。

f:id:smeagol14:20140709115856j:plain

 

オリジナルとの比較。余ったテールピースとブリッジは・・・誰かにあげますかね。

f:id:smeagol14:20140709121101j:plain

 

ピックガードをつけました。ブリッジは近々買います。配線は・・・まだ悩んでいたり。

f:id:smeagol14:20140709121041j:plain

 

SGJくらいの値段だとGibsonでも気軽に削ったりできていいですね。