読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

Squier Stratcaster (国産・型番不明)

楽器リペア・改造 機材レビュー

自作のStratcasterタイプとの物々交換で我が家にきたギターです。PGM 30もこれも自分ではまず買おうと思わないはずのギターですが、FenderよりSquierが好きな私にとってはごちそうみたいなギターです。

 

ちなみに、私はDeep PurpleもRainbowもアルバムは全て揃えていますけど、正直、それほど好きではなく、Ritchie BlackmoreよりJimmy Pageのほうが好きです。

 

※ライブではRitchieのほうが断然素晴らしい演奏をすると思います。

 

このギターはいわゆるEシリアルで日本製です。実質的にはFender Japanみたいなものなのでしょうか?

 

我が家に来た時の状態。

f:id:smeagol14:20140824235247j:plain

 

リペア後。

f:id:smeagol14:20140830114226j:plain

 

今回やったのは分解と洗浄と再組込です。パーツで交換したのはストリングガイドとトレモロスプリング、ストラップピンだけです。あと配線はやり直しました。

 

 ヘッド部分。・・・またラージヘッドです。(笑)

f:id:smeagol14:20140830114238j:plain

 

ヘッド裏。ペグにはFender Japanの刻印があり、たぶんGOTOH製だと思われます。

f:id:smeagol14:20140830114304j:plain

 

ボディ部分。トーンはマスタートーンとして、配線切り替えスイッチをつけました。フロントとリアのミックス、フロント・センター・リアのミックスが選べるようになります。コンデンサーは・・・いずれ改めて。

f:id:smeagol14:20140830114335j:plain

 

ボディ裏側。トレモロスプリングはESPのTremolo Tone Springs Type - 1にしました。通常のスプリングより太めで柔らかく、4本張ってもアーミングできます。ハンガーの位置は画像の位置くらいがちょうどいいでしょう。

f:id:smeagol14:20140830114317j:plain

 

このギターを手にした時、「Ritchieだ!」とか言われるのが嫌で大掛かりな改造をするつもりでした。しかし、ボディを削ってハムバッカーを載せたり、ピックガードを作り直したりするのはちょっと違うのではないか?という思いが強くなって、見た目はほぼそのままでも、使ったことがある人なら違いに驚愕するような改造を目指すことにしました。

 

目に見える部分ばかりに拘ると、本質を見失うのではないか?ということです。楽器の場合、一番大事なのは、私は「音」だと思うのです。

 

大掛かりな改造をするくらいなら、最初からそのように作るほうが良いです。技術をアピールするために楽器を犠牲にするようなことはしたくはありません。

 

見た目以外をいじることは、認識してもらえない可能性が高くなります。目に見えない部分ですから。しかし、そこで違いを感じられるかどうかで弾き手を分別できるとも言えます。

 

何はともあれ、このギターは元の持ち主に「買い戻したい」と言われるまでのポテンシャルを発揮するまでに至り、私も手元に置きたくなるくらい愛着が湧いてきたので良かったです。