Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

Squier Vintage Modified Jazzmaster

 最近、後頭部の左側がズキズキ痛むようになり、仕事の時以外は引きこもってます。ギター製作その他、ぜんぜん進みません。後頭神経痛だそうで、困ったものです。

 

さて、今回レビュー?するのはSquierのVintage Modified Jazzmasterです。前にJaguarを手に入れて、いつかJazzmasterも・・・と思ってました。

 

Jazzmasterというと、私にとってはDon Wilsonが使っていたイメージが強いです。あと、布袋寅泰さんも使ってました。

f:id:smeagol14:20141103130927j:plain

 

ヘッドロゴはJazzmasterしてます。ロッドはヘッドからいじれるタイプです。こっちのほうが良いですね。

f:id:smeagol14:20141103124326j:plain

 

ペグはクルーソンタイプ。今回もロック式には交換しません。

f:id:smeagol14:20141103124341j:plain

 

ボディの裏側。何にもないのが個人的には好きです。プレートはフリーダムの3mmのに交換してます。

f:id:smeagol14:20141103124354j:plain

 

コントロールはJaguarと同じく、プリセットのボリュームとトーンがあります。スイッチを上にすると音がまろやかになります。ピックアップはリアがフロントの倍の出力でミックスのときに不思議な感じになります。

f:id:smeagol14:20141103124445j:plain

 

ボディの下側はシンプル。かなりジャキジャキした音なのでローカットは不要なんでしょう。コードストロークしてこれだけ気持ちいいギターはないです。

f:id:smeagol14:20141103124450j:plain

 

ブリッジはJaguarと同じ。微妙なビブラートをかけるのに良いです。

f:id:smeagol14:20141103124501j:plain

 

ブリッジはやはり弦落ちします。弦がブリッジに干渉してすぐビビるのも欠点ですね。

f:id:smeagol14:20141103124509j:plain

 

というわけで、これに交換するかもしれません。。。(結局、つけませんでした)

f:id:smeagol14:20141103124537j:plain

 

買うときにFender Japanと弾き比べてみました。Fender Japanのほうは値段が倍以上でピックアップのコイルの巻き方がオリジナル(USA)とは違います。当然、音も違います。どうせパーツを交換するならSquierで十分だと個人的には思います。

 

難点としては、Jazzmaster特有のものを除けば、ノイズ対策が中途半端であることが挙げられます。キャビティに導電塗料が塗られていてもピックガードの裏にはコントロール部分だけにアルミ?が貼られているだけで意味がありません。ノイズ対策は中途半端にやると逆にノイズが増えるので要注意です。

 

他のサイトやブログを見て回っていて気になったことがあります。Graphtechのサドルを使うとアースが取れないというのは間違っています。アースは取れます。

 

Tune-o-Maticを使っているギターでアースが取れなくなるのはアース線をブリッジにつなげている場合だけで、ほとんどのギターはテールピースにつなげているから問題ありません。MustangやJazzmasterもトレモロユニットにつなげれば無問題。StratcasterやTelecasterも同じです。

 

レアケースに当たったときはアースの取り方を変えればノイズが増えることはないでしょう。今まで何度かGraphtechのサドルを使ってきて、アースが取れなくなったことがないので少し驚きました。

 

ちなみに私はSquierのJazzmasterにはMontreuxのMustang adjustable saddleをつけて、さらにスタッド部分を太くして可動しないようにすることにしました。サドルだけなのになかなかのお値段でした。(^_^;)

 

f:id:smeagol14:20141103150635j:plain