読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

StewMacで買い物をしてみた

 ウクレレキットを買う前に、試しにネックを一本とピックアップをStewMacに注文してみました。

 

今までいろいろな国の業者から買ってきましたが、早くても注文してから一週間以上かかってました。中国から買ったときは発送忘れ(笑)で一ヶ月くらいかかりましたし、Wilde USAもかなり時間がかかった上に不良品で、よほどのことでない限り海外は使わないほうがいいと思ってました。

 

StewMacに注文をしたのは1/3の夜で、届いたのは・・・1/7の夕方でした。税金と税金より高い手数料で2,000円くらい払わされたものの(他ではなかった)、予想以上の早さに驚きました。

 

届いたネックはこれです。 

f:id:smeagol14:20150109093729j:plain

 

裏にはスカンクラインが。

f:id:smeagol14:20150109093728j:plain

 

値段は日本円にして12,000円くらい? 塗装はサテンとグロス、飴色が選べます。季節柄か、ちょっとフレットのバリが気になる以外は問題なさそうです。ヘッド側からロッドがいじれるのもやはり良いです。

 

塗装は自分でやらなくてもいいという人にはStewMacのネックはおすすめです。ペグ穴が10ミリでロトマチックのペグがポン付けできますし。国内で手に入るネックはAtlansia製以外はクルーソンタイプですらペグ穴の加工が必要なので面倒です。

 

実際に組み込みをして、ある程度使ってみて問題がないようなら、今後はStewMacのネックを使おうと思ってます。塗装をしたいときはGuitarWorksかAtlansiaのネックですね。

 

マホガニーボディのテレキャス用にピックアップも買いました。

f:id:smeagol14:20150109093727j:plain

 

ストラト用のリップスティックです。

f:id:smeagol14:20150109093726j:plain

 

前にGuitarFetishからも買いました。前に買ったものと比べてStewMacの優れているところは、取り付ける際にボディの加工が不要なところです。

 

構造上、リップスティックは高さを下げ目にする必要があって、GuitarFetishのものは足の部分が一段下がっているせいで、普通のストラトのザグリではぶつかるんです。

 

GoldenAgeシリーズは日本ではなじみはないものの、海外ではかなり評価が高いのでつけるのが楽しみです。マホガニーと組み合わせるのも面白そうです。