読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

トラ目を活かした塗装に挑戦(1)

相変わらずネックの塗装を剥がしてはサンディングをしてまた塗装・・・の繰り返しをしています。家に乾燥室があれば他のと同時進行ができるのですが。。。

 

さて、今回はYoutubeで見た動画の真似をしてみます。元になったのはこれです。

 

www.youtube.com

 

塗装に使うのはこれです。

f:id:smeagol14:20150321125844j:plain

 

塗装しなくても綺麗です。

f:id:smeagol14:20150321125908j:plain

 

BRIWAXのジャコビアン・オークを一度塗ります。

f:id:smeagol14:20150321130351j:plain

 

けっこう反りが出ます。これでかなり戻った状態でして、塗った直後は見事なアーチ形になってました。

f:id:smeagol14:20150321143949j:plain

 

寒いのもあって、最近はしっかり乾かすことを心がけています。下の画像は塗った次の日のもの。

f:id:smeagol14:20150321143931j:plain 

 

乾いたらサンダーがけをしていきます。240番でのんびり傷を付けないよう気をつけながら半分だけやったのが下の画像です。右側がサンダーがけをしたものになります。

f:id:smeagol14:20150322181328j:plain

 

 この後、水性ステインで着色をしてクリアーを塗る予定ですが、はたしてどうなることやら。

 

ちなみにこの手の作業は前に失敗したことがあります。安めのギターに貼られているキルトメイプルやフレイムメイプルが薄すぎて、軽くサンダーがけをしただけでトラ目が出ている部分が消えて、ただのメイプルに。(=o=;)

 

私は昔から装飾要素が強いギターは嫌いでトラ目も嫌いなんですが、見る角度や光の当たり具合で模様が変わるのは綺麗だな~と改めて思いました。でも、高い金を出す気にはなりません。