読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

トラ目を活かした塗装に挑戦(2)

楽器リペア・改造

 前回の続きです。メイプル?の板にBRIWAXの水性ウッドダイで着色した後、#240でサンダーがけをしました。

 

もう少しサンダーがけをしようかな?と悩んだのですが、結局やらないことにして、水性ポアーステインのグラスグリーンを1回塗ってからジェルカラーニスのクリアを2回塗りました。↓がその結果です。 

f:id:smeagol14:20150326213611j:plain

 

グリーンとかブルーではなく、レッドとかイエローとかオレンジにすれば良かったかな?と正直思いました。(^_^;)

 

とりあえず、ウッドダイで黒っぽく塗った後の状態との比較をば。

f:id:smeagol14:20150326213738j:plain

 

塗装していない部分との比較。

f:id:smeagol14:20150326213751j:plain

 

自分で塗装を始めてからしばらくは、ボディに関しては着色料が入ったジェルカラーニスで仕上げてきました。最近は着色は水性ステインでやって、仕上げはジェルカラーニスのクリアを使うようにしてます。そのほうが自分好みのツヤが出るような気がします。

 

今回、初めてトラ目が入った材を塗ったわけですが、意外と導管が深い?のが印象的でした。 

f:id:smeagol14:20150326213653j:plain

 

フィラーや砥の粉で埋めてから塗装するのが本来のやり方でしょう。との粉で埋めてから水性ステインで着色をして、ジェルカラーニスで仕上げるやり方がうまくいくのかどうかは、いずれ実験したいところです。

 

今回使った板は、プレーナーが使える作業場が見つかったら、ギターかベースに使うかもしれません。

 

次はTelecasterを完成させ・・・たいなぁ。(笑)