Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

Jungle Pocketに行ってきました。

昨日は音楽仲間のライブを観に、あざみ野にあるJungle Pocketというお店に行ってきました。

 

あざみ野駅前イングリッシュカフェ&バー "Jungle Pocket"

 

私の地元からは東武スカイツリーライン半蔵門線東急田園都市線とつながっているので乗り換えなしで行けました。が、家を出てから店に着くまで二時間近くかかりました。途中、溝の口を通り過ぎたときに、20年近く前に通っていた現場を思い出して懐かしくなりました。

 

お店はあざみ野駅の西口を出てすぐのところにあり、まず良いと思ったのは、店内では禁煙なこと。演奏している時、煙草の煙って邪魔なんですよね。

 

当然、店内は煙草臭さがなく、オーナーが女性だからか清潔感があってお洒落な感じでした。

 

店内にはドラム、ギターアンプ、ベースアンプがあり、バンドのライブも行われるようです。オープンマイクとかちょっとしたライブイベントに使うのに良いなと感じました。

 

面白いと思ったのは飲み放題とフリーに料金システムが分かれていること。飲み物はカクテルもあって、グラスホッパーも飲めたりします。食べ物も食事しにいけるくらい充実してました。

 

さて、Jungle Pocketに行ったのは、はたのようじさんのライブを観るためでした。

f:id:smeagol14:20150411205359j:plain

 

基本的に洋楽をやるイメージでしたけど、昨日は「満月の夕」や、ちあきなおみの「紅い花」、BEGINの「防波堤で見た景色」など邦楽もいろいろやってくれました。どれもお世辞抜きに素晴らしい出来でした。中音域がしっかり綺麗に鳴る歌声に曲がぴったり合っていて、羨ましく感じました。

 

個人的に印象的だったのは、ビートたけしの「浅草キッド」でした。演奏するのは簡単でも、聴かせるのは難しい(と個人的に思う)曲です。

 

この曲は綺麗に、上手に歌うとつまらなく聴こえると思うんですよ。実際、YouTubeにアップされている動画を観ても、ビートたけし本人が歌っているのが一番良いと感じます。そんな難曲のはたのさんのカバーは、また聴きたいと思う出来でした。

 

普段ライブとかに縁遠そうなお客さんが喜んでいた事実がすべてを語っているでしょう。

 

気軽には来れない場所ではありますが、またあざみ野には来たいと思います。