Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

Fender Japan?のストラトの配線やり直し(1)

ストラトのポットを交換するついでに配線をやり直してリアのトーンも効くようにしよう、というのが今回のお話。何故か私に依頼がきました。(^_^;)

 

たぶん、Fender JapanのStratcasterです。

f:id:smeagol14:20150506093722j:plain

 

ヘッドアジャストタイプです。レリック加工はされていません。

f:id:smeagol14:20150506093742j:plain

 

ボディはやたら軽いです。材質は何なのやら。

f:id:smeagol14:20150506093733j:plain

 

使われすぎて?つや消しみたいになってます。横から見ると、塗装がハゲた部分からバウムクーヘンみたいな模様が見えます。集成材が使われているようです。

f:id:smeagol14:20150506093752j:plain

 

とりあえず弦を外して中を見ます。・・・Fender Japanか、ボディは別物?

f:id:smeagol14:20150506094522j:plain

 

普段使っているハンダゴテです。中学時代に自作したものをずっと使ってましたが、数年前に引退させてからはこれを使ってます。

f:id:smeagol14:20150506130817j:plain

 

アース、ジャックの線、PUからの線を取り外して

f:id:smeagol14:20150506130726j:plain

 

ポットを外そうとしたらびっくりしました。(笑)

f:id:smeagol14:20150506131350j:plain

 

簡単に掃除しておきます。あまり綺麗にしすぎるのも良くないかも?

f:id:smeagol14:20150506131821j:plain

 

PUを交換したくなりますが、自分のではないので我慢我慢。

f:id:smeagol14:20150506131827j:plain

 

ジャック。配線材は交換します。ジャックは使えそうなのでそのまま。

f:id:smeagol14:20150506131035j:plain

 

アース線は針金みたいなのが使われていました。GibsonのSGは針金そのものでしたっけ。

f:id:smeagol14:20150506132312j:plain

 

さっそくBeldenの#8503に交換します。作業しやすいよう、元の線より長めにしておきます。

f:id:smeagol14:20150506132537j:plain

 

元の線は真ん中のバネの下にある穴を通っていたので、横の穴を通るようにします。

f:id:smeagol14:20150506132634j:plain

 

 キャビティ内の加工はお世辞にも丁寧とは言えません。元は白いギターだったのかもしれません。 

f:id:smeagol14:20150506132714j:plain

 

ジャックの配線材も交換します。Beldenにしたのは気分的なものです。

f:id:smeagol14:20150506134150j:plain

 

ポットくらいあるだろうと思ったら、250kのものがないので通販で注文しました。続きはパーツが届いてからになります。