読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

マホガニーでテレっぽいギターを作る(5)

自作ギター18号機

 今回はネックの塗装からです。

 

どこかのブログにジェルカラーニスのライトオークでネックの塗装をしたと書かれていたので、真似ました。 

f:id:smeagol14:20150503131417j:plain

 

周りにはこちらのほうが受けが良いです。

f:id:smeagol14:20150503131430j:plain

 

 割と飴色に近いとは思います。

f:id:smeagol14:20150503131438j:plain

 

Guitar Worksのネックはそのままではペグのブッシュが入らないので、リーマーでちょっぴり広げます。私はこんなのを普段使ってます。

f:id:smeagol14:20150503145725j:plain

 

拡げすぎないよう注意して、ブッシュが何とか入るくらいにしてからブッシュをつけます。拡げすぎた場合は瞬間接着剤でも使いましょう。

f:id:smeagol14:20150503145708j:plain

 

今回使ったのはGOTOHのクルーソンタイプです。

f:id:smeagol14:20150503151504j:plain

 

何故か今回、ミスしました。

f:id:smeagol14:20150503151510j:plain

 

ネジ穴を楊枝で埋めて、開け直します。今回はsuという多用途ボンドを使いました。

f:id:smeagol14:20150509121324j:plain

 

今度はちゃんとつきました。

f:id:smeagol14:20150509124356j:plain

 

ジョイント用のネジ穴も開けます。私はいつもネックを固定した上で、ボディ側の穴と合うドリルを差し込んで印をつけてから、3mmの穴を開けてます。

f:id:smeagol14:20150509140626j:plain

 

ちょっと見にくいですけど、右上の部分に印がついているのがわかるでしょうか?

f:id:smeagol14:20150509140654j:plain

 

この手の作業はボール盤があったほうがいいですね。まぁ、遊びでやってるだけですし、置き場もないので買いませんが。気軽に借りれる工房が近くにあればな~といつも思います。

 

ちょうどストラトの配線をやったので、ついでにこちらも。Naked Guitar Worksの小園さんの真似をしてポットのエッジ?の部分でアースを取るようにしました。こっちのほうがやりやすいです。

f:id:smeagol14:20150509134405j:plain

 

トグルに配線するとき、悩みました。普段使うのとちょっと違ってます。 

f:id:smeagol14:20150509134518j:plain

 

このやり方で合っているかどうかは不明です。

f:id:smeagol14:20150509134831j:plain

 

この後、ボディの弦通し穴が後ろにズレ過ぎていてオクターブが合わないことが発覚して、いろいろ悩んだ結果・・・ネックポケットとピックガードを8mmほど削ってネックの取り付け位置を変えることに・・・

 

自力でやるのは怖い(失敗して木材をゴミにするのが嫌なのもあります)ので、Naked Guitar Worksさんにお願いすることにしました。一回の作業のために治具とかテンプレートを作るのもあれですしね。

 

次からはこいつを仕上げていく予定です。

f:id:smeagol14:20150218124757j:plain