読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

BANDAI メカコレクション 宇宙戦艦ヤマト2199 No.01 ヤマト2199(2)

 肺炎にかかってしまい、薬を飲んで安静に・・・はできず、何故か仕事が忙しくなって今日になってやっと休めました。orz

 

残業手当、深夜手当、休日出勤手当、そんなものはありません。(笑) 労いの言葉すらなし。さすがに頭に来ます。

 

さて、今回はメカコレヤマトの続きです。船首のフェアリーダーは開口してるのですが、横が開口されてないので穴を開けます。 

f:id:smeagol14:20150712193136j:plain

 

モールドのみなので・・・

f:id:smeagol14:20150712193238j:plain

 

とりあえずピンバイスで穴を開けます。この後はデザインナイフとサンドペーパーで削っていきます。

f:id:smeagol14:20150712193255j:plain

 

削り過ぎな気がします。(笑) 細かい部分はこの後、各部の接着と整形をするので、そのとき考えます。

f:id:smeagol14:20150712194504j:plain

 

主砲の砲身を金属パイプにするとか、艦橋のクリアパーツを仕込むとか、素晴らしい加工をされる方もいますが、私は目の悪いおっさんなので自己満足に走ります。

 

続いて、後ハメ加工をしていきます。塗装後に一度つけたら外すことはないので、つけるときに艦橋などのパーツが外れないようにすることを考えて加工していきます。

f:id:smeagol14:20150712194644j:plain

 

ピンをカットして艦橋の真下にくるパーツの横も削ります。

f:id:smeagol14:20150712195430j:plain

 

下の部分とツライチになればOKです。

f:id:smeagol14:20150712195449j:plain

 

この後、あれこれ悩んで艦橋下のだけ残してピン類はすべて削りました。

f:id:smeagol14:20150712203442j:plain

 

少しでも不安がある方は前と後ろの甲鈑の位置を決めて、接着した後に赤い部分を外して加工したほうがいいでしょう。

 

次は各部の接着をしていきます。