読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

BANDAI メカコレクション 宇宙戦艦ヤマト2199 No.01 ヤマト2199(3)

模型

各部の接着は・・・写真を撮り忘れました。艦橋、主砲、副砲、第三艦橋以外は全部接着してます。

 

今回は塗装です。ネットで調査して、秋葉原にある秋葉原工作室で作業させていただきました。4時間の作業で塗料代込みで2000円でした。・・・入り浸りになりそうな気がしています。家族から「シンナー臭い!」と苦情を入れられることもなく、集中して作業できるのはありがたいです。

 

塗装の前にまずサーフェイサーを吹きます。細かい傷はこれで消えます。秋葉原工作室ではサーフェイサーもエアブラシで吹きます。使

f:id:smeagol14:20150720132740j:plain

 

サーフェイサーを吹いた後、乾燥機に入れて10分ほど待つと・・・なんと乾燥完了!(笑) 正直、サーフェイサーを吹いておしまいかな?と思ってました。

 

f:id:smeagol14:20150720175928j:plain

 

この後、赤い部分を一度黒く塗ってから赤を吹き、その他の部分はグレーを吹きました。これまた乾燥機ですぐに乾きました。塗料はすべてガイアカラーを使ってます。 

f:id:smeagol14:20150720142937j:plain

 

そして仮組み。

f:id:smeagol14:20150720143500j:plain

 

艦橋周りはとにかく小さくて細かいのでうまく塗装できるかどうか正直不安でしたが、何とかなりました。

f:id:smeagol14:20150720143509j:plain

 

この後、ガイアカラーのエメラルドグリーンで艦長室などを面相筆で塗っていきます。グレーが明るめだからか、ほとんど目立ちません。

f:id:smeagol14:20150720144628j:plain

 

元の色との比較。

f:id:smeagol14:20150720173858j:plain

 

次回は墨入れをして、クリアー吹きをします。墨入れはエナメル塗料で行うのが定番ですが、いろいろ便利そうなグッズが出ているので実際に使ってみます。